CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト

デジタルハリウッド大学 一夜限りのTVCM「みんなを生きるな。自分を生きよう。」に“ティーンのカリスマ”横田真悠さん出演


デジタルハリウッド大学[DHU]では、9月17日より「みんなを生きるな。自分を生きよう。」と題したキャンペーンを実施します。
「みんなを生きるな。自分を生きよう。」イメージキャラクターの横田真悠さん

イメージキャラクターには人気モデル・横田真悠(よこたまゆう)さんを起用。
キャンペーン初日の17日夜には、一夜限りの60秒TVCMが『MUSICSTATIONウルトラFES2018』(テレビ朝日系列)の第3部(19:00~)で放映。新CMはTVCMオンエア後、デジタルハリウッド大学特設サイトにて公開されるほか、Web限定バージョンも公開します。
また、本日よりJR原宿駅、24日より京王井の頭線渋谷駅改札付近にてキャンペーンのグラフィック広告の掲出をはじめ、今後も様々な場所で『みんなを生きるな 自分を生きよう。』というメッセージを展開していきます。

「みんなを生きるな。自分を生きよう。」「みんなを生きるな。 自分を生きよう。 わたしはわたしだから」篇
「みんなを生きるな。自分を生きよう。」「みんなを生きるな。 自分を生きよう。 高校生のあなたへ」篇

3DCG、ゲーム・プログラミング、アニメ、映像、グラフィックデザイン、ウェブ、ビジネス、先端メディア表現の8つの専門領域を学ぶデジタルハリウッド大学は、9月17日(月・祝)よりブランディングキャンペーンを開始いたします。

イメージキャラクターには本キャンペーンのターゲットである高校生を中心とする若者と同世代で、飾らない等身大の姿で圧倒的な支持をうける人気モデル・横田真悠(よこたまゆう)さんを起用しました。

 今回のキャンペーンも昨年に引き続き、『みんなを生きるな。自分を生きよう。』と題し、大学受験を控えた高校生に対して、自分以外、例えば友だち、先生、偏差値などに振り回されることなく、本当に自分が進みたい進路を考え、選択してほしいというメッセージが込められています。制作には長期の密着撮影を実施し、横田真悠さんの様々なシーン・表情を撮影いたしました。

 新CMでは「自分を生きる」ことについて横田さんが柔らかくも芯のある声で語りかけます。

 監督には「乃木坂46」などのMVを手掛ける伊藤衆人(いとうしゅうと)さん、フォトグラファー・シネマトグラファーにはTakakoNoel(たかこのえる)さんなど気鋭の若手クリエイターらが参画。さらに横田さん自身もフォトグラファーとして制作に参加し、同世代だからこその視点や想いを込め制作されました。

 キャンペーン初日の17日夜には一夜限りの60秒TVCMが『MUSICSTATIONウルトラFES2018』(テレビ朝日系列)の第3部(19:00~)で放映。新CMはTVCMオンエア後、デジタルハリウッド大学特設サイトにて公開されるほか、Web限定バージョンも公開します。

 また、本日よりJR原宿駅、24日より京王井の頭線渋谷駅改札付近にてキャンペーンのグラフィック広告を掲出しております。さらに今後も様々な場所で『みんなを生きるな 自分を生きよう。』というメッセージを展開していきます。


デジタルハリウッド株式会社デジタルハリウッド

1994年、日本初の実践的産学協同のクリエイター養成スクールを設立。現在、東京と大阪に専門スクールと、全国の各都市にWebと映像が学べるラーニングスタジオ「デジタルハリウッドSTUDIO」、そしてeラーニングによる通信講座「デジハリ・オンラインスクール」を展開。2004年には日本初、株式会社によるビジネス×ICT×クリエイティブの高度人材育成機関「デジタルハリウッド大学院(専門職)」、翌2005年4月に「デジタルハリウッド大学」を開学。設立以来、デジタルハリウッド全体で9万人以上の卒業生を輩出している。
さらには、2015年4月、スタートアップ志望者を対象としたエンジニア養成学校『ジーズアカデミーTOKYO』を開校、同年11月には日本初のドローンビジネスを皮切りに、ロボットサービス産業の推進を目的とした『デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー』を開校した。



CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト © 2018 All Rights Reserved

日本最大級のCMポータルサイト