CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト

CM ウォッチャー

ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2022オープニングセレモニーのフォトレポート!!前田敦子さん、黒木瞳さん、永山瑛太さんなど豪華ゲストが登壇!


2022年6月7日に渋谷公会堂で開催された、アジア最大級の国際短編映画祭、「ショートショートフィルムフェスティバル2022」のオープニングセレモニーに参加しました。

ショートショートフィルムフェスティバル2022

ショートショートフィルムフェスティバル2022

 

MCはお笑い芸人のこがけんさんと、フリーアナウンサーの久代萌美さんが担当!

ショートショートフィルムフェスティバル

お笑い芸人のこがけんさん

ショートショートフィルムフェスティバル

フリーアナウンサーの久代萌美さん

 

そして、ノミネート作品の紹介映像が上映されました。

ショートショートフィルムフェスティバル

 

そして、各アワードの代表者と、受賞された方々が、登壇。
まず始めの登壇者は、女優の黒木瞳さん。

女優の黒木瞳さん

女優の黒木瞳さん

プレゼンターを務め、見事優秀賞に輝いた黒木さんは、「田村鞠果監督本当におめでとうございます。U-25ならではのスピード感や切ないところもあるけれど、ユーモアスでどなたが見ても感動する作品」とコメントをしました。

そして自身も監督を務めた背景、魅力を聞かれ、黒木さんは「数年前にブランネット部門で上映させていただいたときに、審査員もやり、100本近く見ました。その時にどれも素晴らしい作品で短編映画の魅力や奥深さにひかれ、今回作品を取り、応募させていただいたところ、見事ノミネートさせていただいて、うれしい気持ちでいっぱいです。」と熱いコメントを残しました。

熱いコメントを残す、黒木瞳さん

熱いコメントを残す、黒木瞳さん

 

その後、ステージには渋谷ダイバーシティアワード授与には長谷部渋谷区長が登壇されました。

長谷部渋谷区長

長谷部渋谷区長

学校や学びの場でも使えるような場所や、高齢者が動かなくても楽しめるような未来を作れる力が映像にはあると、熱く語りました。

 

そして、バイオジェンアワードの授与にはバイオジェン・ジャパン株式会社代表取締役社長のニコラス・ジョーンズさんが登壇されました。

バイオジェン・ジャパン株式会社代表取締役社長のニコラス・ジョーンズさん

バイオジェン・ジャパン株式会社代表取締役社長 ニコラス・ジョーンズさん

今作は多くの人を作品に起用し、やり抜くこと、あきらめないことが大切だったと語りました。

この作品の主人公であるアマーは6人育てるのは大変だが、日々生き抜くことが大切であり、彼女は大変な、人生の中でも生き続けていること、ギブアップしないというところが、御社の難病と闘っている患者さんとすごい似ているところがあり、すごくいい作品だと思い選ばせていただきました。監督さんありがとうございます。とコメントを残していました。

 

受賞者の春野もえさんが登壇いたしました。

受賞者の春野もえさん

受賞者の春野もえさん

「何か自分で書いたもので、賞をいただくことは自分の中で、幼いころから夢でありましたが、大人になり、また書いてみようと思ったときに、ブックショートアワードさんに出会い、こうして御縁あって賞をいただき、とてもうれしい気持ちでいっぱいです。」とコメントしました。

 

アミューズミュージカルアワードの授与には、株式会社アミューズ執行役員の山内学さんと、女優の柚木礼音さんが登壇いたしました。

ショートショートフィルムフェスティバル

株式会社アミューズ 執行役員 山内学さん

山内さんは「選考させていただいた作品は、心温まる部分や、トリッキーなストーリが面白いのは勿論のこと、様々な音楽が入っており、この音楽と物語、がミックスするものが、見れると思うと楽しみで、この企画に選考させていただきました。」と、語りました。

柚木礼音さん

柚木礼音さん

柚木礼音さんは「ストーリーの中で、何か自分たちに置き換えてみてしまうようなテーマで、とても魅力がある作品」とコメントを残しました。

 

ミルボンアワード賞では、株式会社ミルボンの代表取締役社長の佐藤龍二さんが登壇いたしました。

株式会社ミルボン 代表取締役社長 佐藤龍二さん

株式会社ミルボン 代表取締役社長 佐藤龍二さん

佐藤さんは、「世界情勢やコロナ渦の中で、ユーモアがあり、尚且つ、明るく楽しいこのショートフィルムを見てとてもいい作品だなと思った。今後のコロナ渦でも希望を持てる作品だと思い選考いたしました。」と語りました。

 

地球を救え!環境大臣賞授与、J-WAVEアワードには、環境局長小野さんと、株式会社J-WAVEの代表取締役社長の中岡杜夫さんが登壇いたしました。

環境局長小野さん

環境局長小野さん

小野さんは「気候危機と選考させていただいたショートフィルムがピッタリだと感じ選びました。環境問題に興味がない方もこの作品を見て、環境問題に、興味を持ち、少しでもいいので行動に移してみて頂けると幸いです。」とコメントした。

株式会社J-WAVE 代表取締役社長 中岡杜夫さん

株式会社J-WAVE 代表取締役社長 中岡杜夫さん

中岡さんは「1分間の作品なのにクリエイティブにクリティカルに未来を考えさせてくれる素晴らしい作品だ」と語りました。

 

そしてショートフィルムが2本。一つ目は、アメリカの駐車場を舞台に撮影された「LOST&FOUND」二つ目が、国連サミットで、当時12歳の少女が実際に行ったスピーチをもとに製作されたスイスのアニメーション「ONLY CHILD」が上映されました。

 

企業や団体によるシネマチックコミュニケーションの祭典が今年も赤坂インターシティコンファレンスにて開催されます!

 

ショートショート専門の文学賞、第19回坊っちゃん文学賞を開催!詳しくは、ホームページをご覧ください。

 

<監督登壇>

その後、アクターズショートフィルム第2弾の監督を務めた、青柳翔さん、玉城ティナさん、千葉雄大さん、永山瑛太さん、前田敦子さんが登壇いたしました。
映画監督という立場で、面白かった点や苦労した点を話してくださいました。

青柳翔さん

青柳翔さん

青柳翔さんは「楽しかったところは、編集で、何テイク撮影したかも覚えていたので、編集の時に、指示をしたところがうまくはまっているな、と思い楽しかったです。苦労した点は、あまりなくて、悩んだりはしたが、それさえ楽しかったので、あまり苦労はなかったです。」とコメントしてくださいました。

玉城ティナさん

玉城ティナさん

玉城ティナさん「楽しかったことは、編集です。初めての経験で、難しかったけど、やりたい面白さがあるのが編集だなと思いました。苦労した点は、前準備の美術打ち合わせや、衣装打ち合わせなどがすごく大変でした。」と語りました。

千葉雄大さん

千葉雄大さん

千葉雄大さん「面白かったのは、現場ですね。脚本も自分で書きましたが、だれが書いたんだろうと思うくらい難しかったですけど、それも含め楽しかったです。大変だったのは、面白さもありましたが、編集や音楽を自分の見せたい表現に合わせるのが、大変だった」と語りました。

永山瑛多さん

永山瑛多さん

永山瑛多さん「全部楽しかったですね、脚本を書く段階も、キャスティング、ロケハン、打ち合わせ選びも撮影も編集も、全て楽しかったです。初めての監督だったのも、あるかもしれませんが、全てが有意義な時間でした。」と語りました。

前田敦子さん

前田敦子さん

前田敦子さん「私もすべてが楽しかったです。今回根本宗子さんに脚本を書いていただいたのですが、打ち合わせ時は、ガールズトークをしているかのような、感じで、これでいいのかな、と感じる打ち合わせで終わってしまったが、それを色々と掘り起こしていただいたおかげでよい作品ができました。」とコメントしました。

 

そのほかにも様々なコメントをして頂きました!詳しくは下のリンクへ!

アクターズショートフィルム第2弾の5人の監督のコメントはこちら
https://youtu.be/tRqaw3duJvw

各アワードの代表者と、受賞された方々のコメントはこちら
https://youtu.be/wsGMKyRdry0

 

アワードセレモニーは6月20日、最終日に行われます!

 

 


CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト © 2022 All Rights Reserved

日本最大級のCMポータルサイト