CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト

唯一無二な世界観を放つ日本映画界の奇才「石井克人」監督による短編ホームストーリーが完成!動画メディア「filmbum」よりオリジナルショートフィルム『ノリオカワークショップ』を公開!


唯一無二な世界観を放つ日本映画界の奇才「石井克人」監督による短編ホームストーリーが完成!動画メディア「filmbum」よりオリジナルショートフィルム『ノリオカワークショップ』を公開!

住宅ブランド「LIFE LABEL(ライフレーベル)」「Dolive(ドライブ)」(運営会社/ BETSUDAI Inc.TOKYO:東京都港区)が運営する動画アルバムメディア「filmbum(フィルムバム)」より、同メディアが展開するショートフィルムプロジェクト「filmbum ORIGINAL」作品として、数多くの映画やCMを手がけてきた『石井克人』が脚本・監督を務めた「ノリオカワークショップ」を公開!

オリジナルショートフィルム

 

  • filmbum(フィルムバム)とは?

オリジナルショートフィルム

 


記憶を記録しよう!みんなでつくるアルバムメディア「filmbum」
家を舞台に巻き起こる、たくさんの「HOME STORIES(ホームストーリーズ)」。
みんなで撮って、みんなでつくる新しい動画アルバムメディアです。

メディアでは「HOME STORIES」をテーマに、家や暮らしを楽しむ動画コンテンツを発信。
・SNS上に投稿されたHOME STORIES動画を紹介する「編集部のPICK UP STORIES」
・ユーザー投稿を募集する「Rec it PROJECT」
・クリエイター達が独自の世界観でHOME STORIESを撮る「filmbum ORIGINAL」


何気ない日々の記憶を記録していくことは、振り返ったときにきっとその人の人生を豊かにする大切な要素になる。私たちはこの「もっと日常を記録しよう」というメッセージを発信すべく、「filmbum」を立ち上げます。
これらのコンテンツを通して、日常こそエンターテインメントに溢れているということメディアを通じて体現し、
住宅業界にこれまでない手法で暮らしの楽しみ方を提案していきます。
 

  • filmbum ORIGINAL作品『ノリオカワークショップ 』   唯一無二の世界観を放つ石井監督は「家」を舞台に何を描くのか

オリジナルショートフィルム

 

filmbumのスペシャルコンテンツ、様々なジャンルで活躍するクリエイター達とコラボレーションしたショートフィルムプロジェクト「filmbum ORIGINAL」。「LIFE LABEL」「Dolive」の住宅を舞台にHOME STORIESをテーマにした、filmbumでしか観ることのできない、エンターテインメントな物語をお届けします。

 



日本映画界の奇才「石井克人」監督による短編ホームストーリーが完成!

オリジナルショートフィルム

1999年に公開した浅野忠信主演映画『鮫肌男と桃尻女』の監督で知られる石井克人。エッジの効いた作風でセンセーションを巻き起こし、その後も「PARTY7」や「茶の味」「スマグラー おまえの未来を運べ」で注目される。またアニメーション作品や数々の有名C Mを手掛け、その独特の世界観で今や唯一無二の存在を放つ。

そんな石井監督が手掛ける「家」を舞台にしたストーリーは、独特の石井ワールドに引き込まれる仕掛けが随所にほどこされた予測できない展開で、映画ファンのみならず惹きつけられる作品になっています。

 

オリジナルショートフィルム

組織の金を横領した男と薄倖の境遇から家出を決行した女の逃走劇を、スタイリッシュな映像で描いたハイテンション・コメディ。「ドラゴンヘッド」などでカリスマ的人気を誇る漫画家、望月峯太郎による同名コミックを、石井監督が脚色し、劇場用映画監督第1作となった作品。1999年公開。主演 浅野忠信、小日向しえ。
「鮫肌男と桃尻女」
DVD発売中 価格:4,700円+税 発売元・販売元:(株)東北新社
(C)望月峯太郎/講談社・東北新社

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナルショートフィルム

『茶の味』は、2004年製作の日本映画。4年の歳月を経て完成。日本の美しい里山の自然を背景に、前二作とは対照的に、どこかユーモラスな家族の日常風景を描く。撮影は栃木県茂木町で行われた。2004年カンヌ国際映画祭監督週間オープニング作品。  
(C)2003「茶の味」製作委員会
発売元:カルチュア・パブリッシャーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

妻夫木聡、永瀬正敏、松雪泰子ら豪華キャスト共演で贈る石井監督作。俳優志望のフリーター・砧涼介は、借金返済のため日給5万円の高額バイトをすることに。しかし、その仕事内容は死体などのヤバイ荷物を運ぶ闇の運送屋だった。

「スマグラー おまえの未来を運べ」
DVD&Blu-ray発売中 販売元:ハピネット・メディアマーケティング
(C)真鍋昌平・講談社/2011「スマグラー おまえの未来を運べ」製作委員会

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 監督プロフィール:石井克人(映画監督)

吉祥寺生息。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。
CMディレクターとして活動し、1995年に短編「8月の約束」で映画監督デビュー。1999年劇場長編映画「鮫肌男と桃尻女」、2000年「PARTY7」が公開。2004年公開の「茶の味」は、同年のカンヌ国際映画祭監督週間で邦画初のオープニング作品として上映。その後も数々のCM、映画、アニメーションの原案・キャラクターデザインなどを手がけ現在に至る。

<コメント>
ノリオカワークショップコメントをと言われて書き出したが、去年のことなのでだいぶ忘れてます。 ノリオカはモリオカクンのことで、モリオカワークショップでも良かったのだが、それだとあまりにあまりだよなと思い、ノリオカワークショップという題名にして、とりあえず当時は一気に気持ちよくシナリオ書いた覚えがあります
その後また一気に絵コンテを描いて。そうして出来上がった作品は大体パパッと爽やかに観れるので僕らの他のオリジナル作品同様、作って良かったなという仕事でありました。機会があればまた作りたいです!ありがとうございました。

  • ストーリー 

『ノリオカワークショップ』

オリジナルショートフィルム

おしゃれな部屋の一角で、ノートパソコン見ながら携帯で電話をしている、
ノリオカ(32歳) 。俳優。
 
監督から詐欺師役の依頼の電話だった。そこにチャイムが鳴る。
玄関を開けると2人の美しい女性が立っていた。
ノリオカが開催する芝居のワークショップに参加する為、尋ねてきたのだった。
 
容姿に高揚するノリオカだったが、ワークショップを進める内に、
2人のある秘密に気付いてしまう…

オリジナルショートフィルム

オリジナルショートフィルム

オリジナルショートフィルム

 

<キャスト>
出演 :森岡龍(ノリオカ) 原田 ゆか (ナミ)  谷内 咲季 (マリ)
友情出演:アベ ジュン(モリ)

<スタッフ>
エグゼクティブプロデューサー:林哲平(LIFE LABEL・Dolive)
プロデューサー:堀 寛和 撮影:石井 克人 山田 晃稔 DIT:島崎 靖
録音:森 浩一 衣装:宇都宮 いく子 ヘアメイク:大渡 八千代
美術:伊藤 潤子(LIFE LABEL・Dolive) 編集:野地 さやか
コンポジット:泉 陽子 助監督:大人 澪 制作担当:楠 彩
撮影助手:谷村 咲貴 / 録音助手:蓬田 智一 斎藤 義樹
衣装助手:桧森 美恵 / ヘアメイク助手:小松 しのぶ
制作応援:高橋 星哉 徳永 亜希子 今井 彦樹 / 車両:池上 浩 平岩 真由美 横山 翔大
アクション指導:小池 達朗 / アクション指導助手:坂手 透浩
メイキング:吉川 詩歩 / キャスティング:アベ ジュン
音楽プロデューサー:緑川 徹 濱野 睦美 / 音楽:櫻井 映子
エンジニア:石川 純己 / 音楽制作協力:メロディ・パンチ
エフェクト:徳永 義明 冨田 奈津実
スタッフマネージメント:堀竹 由起(ナイスレインボー) 中村 勇哉(マイターン・エンタテインメント)
山口 苑夏(スペースクラフト) 星野 倫子(星野事務所) 大島 知恵(OND°) 新村 直哉(TFC+)
撮影協力:LIVE IN STYLE
プロダクション:TOHOKUSHINSHA FILM CORPORATION
脚本・監督:石井克人

『ノリオカワークショップ 』作品紹介ページ
https://filmbum.jp/original/norioka_workshop/
 

  • filmbum概要

【プロジェクトサイト】
https://filmbum.jp/

【公式SNS】
TikTok @filmbum_official
Instagram @filmbum_official
Twitter @ filmbum_media
 

  • 本件に関するプレスリリース

■住宅ブランドがクリエイターと作る動画プロジェクトとは?ユーザー参加型エンタメメディア「filmbum」をリリース!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000064.000015251.html
 

  • ブランド情報


【LIFE LABEL(ライフレーベル)】について
LIFE LABELは、“Hello,new fun.” をブランドタグラインとして、2017年からスタートした住宅ブランドです。2022年2月より、HOUSE IS ENTERTAINMENT(家を、暮らしをもっとエンターテインメントに。)をスローガンに掲げ、エンターテインメントやカルチャー情報を”住宅”というフィルターを通して発信しています。また、 様々なブランドとコラボレーションし規格住宅デザインを開発。FC事業として、全国160社以上のLIFE LABEL取扱店にてブランドを展開しています。
URL: https://lifelabel.jp/

【Dolive(ドライブ)】について
【シミュレーション発想で家づくり】を提案する住宅ブランド。家づくりをもっとカジュアルにシミュレーションして楽しむための情報を発信する住宅エンターテインメントメディア『Dolive(ドライブ)』を軸に、メディアから生まれたアイデアの住宅デザインを提案。FC事業として、全国170社以上のDolive取扱店にてブランドを展開しています。
URL: https://dolive.media/

ーー
【BETSUDAI Inc.TOKYO 】について
私たちは、全国展開している住宅ブランド「LIFE LABEL」「Dolive」のフランチャイズ運営を行なっています。
住宅業界にまだない新しい視点とアイディアで、住サービスの価値創造を行うチームとして、常に業界のフラグシップでありたいと考えます。家づくりが決まり切った息苦しいものではなく、 「好みのスタイル」「生活にあった間取り」「そこでの過ごし方」をお客様自身が想像し、楽しみながらセレクトしていく家づくりをしてほしい。

「暮らしはもっと楽しめる」

私たちは、住宅の提案のみではなく、
そこで今後始まるそれぞれのストーリーづくりを応援します。
URL: https://ldp.media/

 

PRTIMES


CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト © 2022 All Rights Reserved

日本最大級のCMポータルサイト