CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト

CM ウォッチャー

東京・隅田川を舞台に競う早大と慶大の対抗戦!春の風物詩、早慶レガッタ4月17日開催!



第91回早慶レガッタPV

 

「早慶レガッタ(早慶対校競漕大会)」が4月17日に行われました。
早慶レガッタは、明治38年に隅田川向島にて第1回大会が開催されて以来、100年を超える大会です。
昭和53年に復活した早慶レガッタは、新大橋上流(浜町公園付近)から桜橋上流まで、約3,750メートルのコースで競います。

【女子対校舵手付きクォドルプル】
今年の女子対校は舵手付きクォドルプルで行われ、
31連覇中の早大は、プレッシャーの中で連覇記録を32に伸ばした。

1着 早稲田大学   3:52.45
2着 慶應義塾大学  4:08.81

 

【第二エイト】
第2エイトは、早慶ともにクルーの半数以上が2年生の中、公式大会のルール改正により早慶戦史上初、男子エイトに女子コックスが乗ることでも注目されていた。
両国橋手前で、早大の船にトラブル。再スタートした早大だったが、その間に一気に差を広げた慶大を最後まで差を縮めることはできなかった。

1着 慶應義塾大学 12:18.26
2着 早稲田大学  12:45.56

 

【対校エイト】
ゴールとなる桜橋までの3,750メートルのコースを舞台に、速さを競うメインレース「対校エイト」。
昨年に続き、最後の橋である桜橋に差し掛かるころには、どちらが勝利してもおかしくない接戦のレース展開!
昨年涙をのんだ早大が、わずか50cmの差で逃げ切った。

1着 早稲田大学  10:41.61
2着 慶應義塾大学 10:41.90

早慶レガッタ早慶レガッタ | The Waseda and Keio Boat Race
ライブ配信のお問い合わせはこちら


CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト © 2022 All Rights Reserved

日本最大級のCMポータルサイト