CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト

「自分らしさ」を大事にしながら未来に向かう京女生の内面を花を使って印象的に表現した15秒CM!京都女子大学が現役の学生をモデルに新たな広告展開を開始


京都女子大学(所在:京都市東山区 学長:林 忠行)は、「らしさをつよさに未来をひらく」というKyojo mission に込められた想いを伝えるべく、今年6月下旬より広報を刷新いたします。モデルには現役の学生を起用。受験生をはじめ、世の中の女性たちを力づけるものとして「つよく、咲け。」というキーメッセージを軸に、交通広告やTVCM、WEB動画等を順次展開して参ります。
つよく、咲け。 つよく、咲け。/京都女子大学 2019年TVCM

◆TVCM
「自分らしさ」を大事にしながら未来に向かう京女生の内面を花を使って印象的に表現した15秒CMを放送
【期間】2019年7月8日(月)~ 9月13日(金)
【放送エリア】静岡、富山、石川、福井、岡山、香川、広島、山口、愛媛
https://www.youtube.com/user/wisteriaKWU

◆交通広告
「つよく、咲け。」のキービジュアルを用いた交通広告を関西地域の駅構内や電車内に設置
【期間】2019年6月24日(月)より順次展開 ※媒体によって掲出期間は異なります。
【掲出エリア・路線】
大阪:南海なんば駅・大阪メトロ心斎橋駅・大阪メトロなんば駅
JR京橋駅・JR天王寺駅・阪急梅田駅
京都:阪急河原町駅・JR京都駅
路線:JR環状線・JR西日本・京阪
◆WEB動画
http://www.kyoto-wu.ac.jp/club/

◆学生起用理由
今回、新たな広報展開をするにあたり「つよく、咲け。」というキーメッセージを採用いたしました。
このメッセージをより広く伝えるべく、交通広告のキービジュアルやTVCMには、「らしさをつよさに未来をひらく」という本学のミッションを体現している現役の学生を4名起用。既に就職先が決まっている4回生や、クラブ活動に熱心に取り組んでいる学生、大学院を目指しながら勉強に励む学生など、自分らしさを大切にしながら日々熱心に活動している学生を選出いたしました。(画像 左:中谷さん 右:喜田さん)

新たな広報展開に関しまして

<文学部英文学科4回生 中谷さん>
つよく、咲け。 ・ポスター撮影を終えての感想
広々とした、開放的なスタジオで、スタッフの方もとても優しく面白い人たちばかりだったので、気を楽にして撮影に取り組むことができました。
京女の広報の撮影は何度かしたことがあったのですが一番ナチュラルな素の自分で挑めたと思います!
・撮影の中で印象的だったエピソード
カメラマンの方が、いい表情のところでしかシャッターを切られないので、いろんな表情を作るのが大変でした!ちょっと「よく見せよう」と目に力を入れてグッとした表情はすぐに見抜かれて「力入れすぎたよ~もっと自然な感じでいいよ~」と言われ、さすがプロのカメラマンさんは微かな表情の違いも見抜くんだな、と感心しました。
・中谷さんが考える京女の魅力
他の大学に比べて、人数がそこまで多くないので学部の友達は、ほぼ顔と名前が一致します(笑)
また、京女のサークルに入ると、自分の学部だけでなく他学部の友達も、たくさんできます。
みんなそれぞれ、専門的なことを勉強しているので、自分にないものを持っている人も多く、尊敬できる仲間がたくさんいます。
・「つよく、咲け。」「らしさをつよさに未来をひらく」についてどのように感じているか※
私は、この4年間、色々なことを経験し、様々な人と会い、自分の人間としての幅を広げようと思い、過ごしてきました。たくさんの人と会うことで、人生は十人十色で、何が正しいとか間違っているとか、そういうことは関係ないと感じました。ただ、好きなことに一生懸命で、そのことに対して、真っ直ぐに努力している人は、かっこいいし、輝いているな、と思うようになりました。京女は、自分が、自分らしく生きることができる環境があると思います。


<現代社会学部現代社会学科2回生 喜田さん>
つよく、咲け。 ・広告モデルの打診を受けた際の感想
当初このお話をいただいた時は私が出てもいいのかと不安に思いましたが、それよりも第1志望校であったこの京都女子大学に、このような形で貢献ができることへの喜びのほうが強く、なかなかできない機会をいただいた事に素直に嬉しかったです。
・ポスター撮影を終えての感想
初めてヘアメイクをしてくださったり、スタジオで撮影ということだったので最初はとても緊張していました。しかしスタジオにいらっしゃったカメラマンさんなどが撮影中いろいろ話しかけてくださったおかけで、リラックスしてのぞむことができました。
・喜田さんが考える京女の魅力
京女生は真面目で信念や目標がある人が多いと思います。私自身、部活動で他学部の友達と話をしている時に友達から「私はこういうふうになりたい」「私はこう考えている」という意見を聞くことが多くありました。その度に自分の信念や目標というものを、自分の意思として強くもっている人がここにはたくさんいるというふうに感じました。私は、このような「自分の信念」というものを確立できる場所がこの京都女子大学には多くあるのだと実感し、それが京女の魅力だと思っています。
・「つよく、咲け。」「らしさをつよさに未来をひらく」についてどのように感じているか※
これらのメッセージ・ミッションを初めて見たとき、まさに私が京女に入って出会った多くの人たちのことを思い浮かべました。女性の社会進出が進む現代の日本で、一人の女性として、そして一人の人間として活躍していくためにも、「自分らしさ」というのを追求する強い信念をもった人物を養うことを目標としたこのメッセージに私も強く胸に刺さりました。
私自身もこれからの大学生活で「自分らしさ」とはなにかについて改めて考え、それを自分の強みにできるように日々の学生生活を大事に送り、将来社会に出てつよく咲くことができるよう日々精進していきたいと思いました。 つよく、咲け。 つよく、咲け。 つよく、咲け。 ◆本学出身クリエイターの声
京都女子学園は、私の母校です。「らしさをつよさに未来をひらく」という言葉通り、この学園で「自分らしさ」に真摯に向き合わせて頂いた結果、クリエイティブディレクターという職種に就くこともできました。それは他でもない、先生方の「らしさ」を「つよさ」にしてやろう、という熱い想いに支えられていたのだと、改めて感じております。今回の広告コミュニケーションでは、今まさに「らしさ」を「つよさ」に昇華しようとしている京女生の姿、そして「つよく、咲け。」というメッセージを通して、京都女子大学の、生徒1人ひとりに対する熱い想いが、すこしでも多くの受験生に伝わってくれればと願っております。

PRTIMES


CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト © 2019 All Rights Reserved

日本最大級のCMポータルサイト