CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト

タモリさん、天空の城 竹田城跡の白い雲海から 戦国時代へタイムスリップ!? 武将姿の宇宙人ジョーンズと満島ひかりさんに導かれ、 プレミアムな絶景を堪能!


サントリー食品インターナショナル(株)は、ハリウッド俳優トミー・リー・ジョーンズ扮する宇宙人ジョーンズで
ご好評をいただいているTV-CM「地球調査シリーズ」に、タモリさん、満島ひかりさんを迎え、
サントリーコーヒー「プレミアムボスザ・ラテ」の新TV-CM「プレミアム城跡」篇(30秒、60秒)を
3月1日(火)から全国でオンエアします。

★メインカット30sec_006

TV-CMについて

とある惑星からやってきた宇宙人ジョーンズが大物ハリウッド俳優トミー・リー・ジョーンズそっくりの地球人になりすまし、
さまざまな職業を転々としながら、未知なる惑星・地球を調査する「宇宙人ジョーンズの地球調査シリーズ」。
毎回、宇宙人ジョーンズがタモリさんに、夢のように“プレミアム”なひと時をプレゼントする
「プレミアムボス」CMシリーズの最新作は、日本の新たな観光スポットとして、
国内外で話題を集めている兵庫県「竹田城跡」が舞台です。

★085

現地の天守閣跡で出会った女性カメラマン(満島ひかりさん)と一緒に、
観光ガイドに扮したジョーンズから、とある場所へ案内されるタモリさん。
雲の上を歩いている最中、突然目の前が真っ白になったかと思うと、
タモリさんはいつの間にか戦国時代にタイムスリップし、そこで武将姿のジョーンズと満島さんの導きによって、
“天空の城”とも表現される竹田城の在りし日の姿を目撃します。
幻の城が雲海に浮かぶ神秘的な光景に、「夢見てんのかね。」と感動するタモリさんと、
ジョーンズが「この惑星のプレミアムな風景は、新鮮だ。」とレポートするストーリーを通じて、
ボス史上“最高峰のコク”を実現した「プレミアムボス」から、
クリーミーかつフレッシュな味わいが楽しめる「プレミアムボスザ・ラテ」が誕生したというニュースを
訴求していきます。

CMストーリー

「プレミアム城跡」篇(60秒)

「この惑星の竹田城跡という場所は、天空の城と呼ばれているらしい。」というナレーションをバックに、
石段を登る現地ガイドの宇宙人ジョーンズとタモリさん。
「この石垣は野面のづら積み?」というタモリさんの質問に答えず、
「敵を防ぐためとはいえ、すごい段差だね。」と懸命に石段を上るタモリさんを尻目に、
ジョーンズは「コチラデス。」とどんどん先へ進んでいきます。

天守閣跡にたどり着くと、雲海に囲まれた絶景が目の前に広がり、
思わず「お~。こりゃ絶景だね。」「いや~。こんなとこあったんだ。」と歓声を上げるタモリさん。
すると、その隣でカメラを構えていたカメラマンの満島ひかりさんが、
「つい最近なんですよ。知られるようになったの。ずっとここにあったのに。」と話しかけてきます。
「あなたは?」というタモリさんの質問を遮って、「コチラデス。」と声をかけるジョーンズ。
すると、ジョーンズがいつの間にか雲の上に立って、タモリさんを手招きしています。

 

恐る恐る雲の上に降りて、「うわ、立てるんだ?」「これはすごいね。」と前へ進むタモリさん。
突然雲が濃くなってきて、3人の姿が見えなくなります。
覆っていた雲がサッと晴れると、なぜか辺りが草原に早変わり。
その一角に真っ白な陣幕が張ってあります。「あれ、どうしちゃったの?」と、先程までの衣装と違って、
戦国時代の武将の格好をしたジョーンズと、凛々しい女武者姿の満島さんに驚くタモリさん。
軍配で静かに前方を指したジョーンズに続いて、満島さんが同じく前方を指差します。

★TLJ30sec_013
★30sec_014

「ただ、この惑星のプレミアムな風景は、新鮮だ。」というジョーンズのナレーションに続いて、
二人が示した前方には、雲に浮かぶ戦国時代の竹田城の姿が。
幻想的な風景に、タモリさんも「夢見てんのかね。」と呟いています。

ここで、「プレミアムボスザ・ラテ」のイメージカットが挿入。
竹田城跡から望む雲海を彷彿とさせるクリーミーかつ新鮮な乳白色の世界の中に、
粉砕された複数のコーヒー豆が溶け合って、ラテになります。
「最高峰のフレッシュラテ。プレボスから、ラテ、誕生。」というナレーションに続いて、
「プレミアムボスザ・ラテ」を味わうジョーンズとタモリさん、満島さんのスリーショット。
商品映像に続いて、最後は、タモリさんが「またお会い出来ますか?」と声を掛けると、
満島さんより先にジョーンズが「スケジュールパンパンデス。」と答え、
タモリさんが「あんたじゃないんだけど。」とツッコミを入れます。

 

■撮影エピソード

◇戦国武者姿に黒澤映画ファンのジョーンズさん大興奮

CMの後半、戦国武将の姿で登場するシーンでは、どんな時も冷静沈着な宇宙人らしく、
「僕にとってはただの衣装に過ぎないよ」と終始平静を装っていたジョーンズさん。
それでも、大の親日家で黒澤明監督の映画をこよなく愛する役者だけに、
専門のスタッフの手を借りて、飾りのついた兜や両肩、胴回り、腰回りの鎧、篭手こて、臑すね当あて、
足袋など、戦国武将のフル装備が完了した際には、自然と表情を緩め、
思わず「黒澤映画のようだ。」と呟く場面も。本番中は台詞もなく、
撮影もほんのわずかな時間でしたが、つかの間の戦国武将姿を楽しんでいる様子が垣間見えました。


◇いつか訪れたかった人生初の竹田城跡を堪能!

竹田城跡を舞台にした今回の設定について、
「いつか行ってみたいと思っていたけど、まさかこんな形で実現するとは。」と語っていたタモリさん。
野面のづら積み(=自然の石をそのまま積み上げた石垣のこと)や、
敵の侵入を防ぐためにわざと大きな段差をつけた石段、そして、竹田城の天守閣跡から眺める雲海に囲まれた絶景など、
日常では見られないさまざまなシーン、事柄に関心を寄せ、
劇中にもタモリさん自身の台詞として登場する「すごいね。」という感嘆の言葉を、幾度となく発していました。

◇プレミアムボスシリーズ恒例(?)タモリさんのナンパの結末は…!?

CMのラストカットで、タモリさんが満島さんに声を掛けるシーン。
監督に「プレミアムボスのCMシリーズで、タモリさんが美しい女性に対してよくやる、
お誘いの言葉を掛ける場面です」という説明を受けたタモリさんが、「あー、いつものナンパ系(のお芝居)ね。」と
茶目っ気たっぷりに切り返すと、周りのスタッフから大きな笑い声が聞こえてきました。
一方、そんなタモリさんの「またお会い出来ますか?」という言葉に対して、
満島さんより先にジョーンズさんが答えてしまう場面。
すかさず「アンタじゃないんだけど。」と切り返すタモリさんの
哀愁ただよう言い回し(60秒)が印象的で、カットの直後、現場は再び大きな笑い声に包まれました。

 

◇プロカメラマンお墨付きの女性カメラマン役を熱演

ボスのCMシリーズ初登場の満島さんの役どころは、
竹田城跡の魅力に取り憑かれた女性カメラマン。
さっそく三脚にセットしたカメラのレンズを覗いてポーズを取ると、スチール用のカメラを構えていた本物のカメラマンに向かって、
「私、ちゃんとカメラマンに見えますか?」と訊ね、プロのお墨付きをもらう場面がありました。

◇息ぴったりのお芝居でOKテイクを連発

一緒のお芝居は初めてながら、息の合った見事な掛け合いでOKテイクを連発していたタモリさんと満島さん。
休憩中もタモリさんが出演中のテレビ番組の裏話を披露して笑いを取り、盛り上がっていました。
また、飲みカットのシーンでは、「よーい、スタート!」と言うべきスタッフの声が裏返ってしまい、
「よーい…ット!」という声が響き渡った場面では、これから本番が始まるのかと思いきや、
演技の終わりを告げる「カット!」のようにも聞こえる掛け声で気勢を削がれてしまったタモリさん。
思わずズッコけると、満島さんも大爆笑していました。


◇凛々しい女武者姿にタモリさん、ジョーンズさんもため息

戦国時代にタイムスリップするシーンでは、女武者に扮した満島さん。
ジョーンズさんの赤備えに対して、全身ブルー系で統一した満島さんの鎧兜はさながら青備えといったところ。
黄金色の鉢金に、長い黒髪をなびかせて、颯爽と現場入りする凛々しい姿に、
共演者、スタッフ一同、すっかり見惚れていました。腰にぶら下げた模造刀を「おもちゃの刀です。」と
タモリさんの方に掲げ、現代ドラマはもちろん、時代劇ですらなかなか着ることのない衣装と髪型の満島さんですが、
監督の「もっと侍っぽく。」というリクエストにも即座に対応。最
後は出演者、スタッフを混じえて、満面の笑顔で記念写真に収まりました。

 

■出演者プロフィール

◇トミー・リー・ジョーンズ<TOMMYLEEJONES

1946年9月15日生まれ、米国・テキサス州出身

◇タモリ

1945年8月22日生まれ、福岡県出身

◇満島ひかり

1985年11月30日生まれ、沖縄県出身

CM概要

タイトル:サントリーコーヒー「プレミアムボスザ・ラテ」新TV-CM「プレミアム城跡」篇(30秒・60秒)

放映開始日:2016年3月1日(火)

放送地域:全国

 


タグ: , , , , ,

CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト © 2018 All Rights Reserved

日本最大級のCMポータルサイト