CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト

「LOVE THERMO#愛してるで暖めよう」を公開家族への愛を言葉で伝えない日本人。愛を言葉で伝えることによって、人の体温は上がるのかを検証。


パナソニック株式会社は、暦の上で最も寒いとされる「大寒の日」にあたる2016年1月21日(木)、
同社の「ふだんプレミアム」シリーズのエアコンを題材とした
“心も体も暖まる”ウェブ動画『LOVE THERMO #愛してるで暖めよう』を、公開しました。
なんでもないふだんの中にこそ、宝物がある。「ふだんプレミアム」広告キャンペーンでは、
もっと家族を愛するため、ふだんの暮らしをもっととくべつに、これからの家族の価値観に寄りそう家電製品を提案しています。

■URL:『LOVE THERMO #愛してるで暖めよう』動画https://youtu.be/cFSPzseb5jQ

shortA_081
shortA_068

 

■家族への愛を言葉で伝えない日本人。愛を言葉で伝えることによって、人の体温は上がるのかを検証。

日本人は他の国の人々と比べると、感謝の気持ちや愛の言葉を口にしない国民性だと言われています。
今回実施した調査でも、家族に愛していると言葉で伝えたことのない人が84.7%になるなど、
ほとんどの人が愛を言葉で伝えていないことが判明しました。

そこで、今回の動画『LOVE THERMO #愛してるで暖めよう』は、
“愛は、ひとを暖める。”をテーマに、家族による愛の言葉が人にどのような変化をもたらすかを
“体温”に着目して検証。感謝の気持ちや愛を言葉で伝えられる前と後とで
人の体温にどの程度変化があるのかを実験により検証しました。

 

■本物の家族6組の片方が仕掛け人に。言葉で愛を伝えられた家族である被験者の生の表情の変化が見どころ。

実験には、夫と妻、母と娘など実際の家族6組にご協力いただきました。
家族に関するインタビューを行うと伝えられ、会場に集まった6組の家族。
そのうち片方が仕掛け人となり、インタビューの途中で、家族である被験者へ感謝の気持ちや愛の言葉を記した手紙を読み上げ、
プレゼントを渡すというサプライズ演出を行いました。愛の言葉を聞くうちに、
最初は驚いていた被験者が、最後には感動のため涙を流し笑顔になる生の表情の変化は、
見る人の心まで暖かさで満たします。

 

■実験の結果、愛の言葉を直接伝えたことで、人の体温は約0.8℃も上昇。

インタビューの間、高性能なサーモパイル赤外線センサーにより、
被験者の体温の変化を測定。測定の結果、サプライズを受けた被験者の体温は平均約0.8℃上昇しました。
愛の言葉は心だけでなく体も暖めることが、この実験により判明しました。
このウェブ動画をご覧になったあなたも、家族への感謝の気持ちを愛の言葉で伝えてみようと、きっと思うはずです。

 

動画『LOVE THERMO #愛してるで暖めよう』概要

■タイトル: 『LOVE THERMO #愛してるで暖めよう』

■公開日:2016年1月21日(木) 0時

■URL:『LOVE THERMO #愛してるで暖めよう』動画https://youtu.be/cFSPzseb5jQ

:ふだんプレミアム内『LOVE THERMO #愛してるで暖めよう』特設ページhttp://panasonic.jp/fudan/love/

:ふだんプレミアム※サイトhttp://panasonic.jp/fudan/

:エアコン商品サイトhttp://panasonic.jp/aircon/

 

■ご協力いただいた6組の家族とサプライズの概要

■ケース1 小沢さん夫妻+1.0℃

夫46 歳、妻37 歳。仕掛け人のご主人が奥様に「愛している」

と言葉で伝えたことは「0%」(ご本人談)。プレゼントは、ちゃん

とできなかったプロポーズをエンゲージリングと共に。

shortA_066

 

■ケース2 モリーンさん親子+1.2℃

母42歳、娘14 歳。モデルの娘さんが仕掛け人となり、応援して

くれるお母様への手紙を。プレゼントはお母様がいつも家族に

作っているケーキを娘さんが作りました。

shortA_074

 

■ケース3 石川さん夫妻+1.2℃

夫32歳、妻29 歳。仕掛け人のご主人から、舞台女優だった奥

様の夢をもう一度応援する手紙を。プレゼントは子どもの写真の

入った手作りのアクセサリー。

shortA_048

 

■ケース4 土井さん親子+0.3℃

ダンサーの母と14歳の娘。仕掛け人の娘さんから友人関係に悩ん

だ時に支えてくれたお母様に感謝の手紙を。プレゼントは家族の

写真とコラージュ。

■ケース5 中澤さん夫妻+0.5℃

夫も妻も同じ64歳。「愛していると言ったことがない」奥様から

なかなか言えない「ごめんなさいとありがとう」の手紙を。プレゼン

トは介護タクシーを始めたご主人に、運転時にかぶる帽子を。

shortA_060

■ケース6 直里(すぐり)さん夫妻+0.4℃

夫62 歳、妻60 歳。「言葉にしなくても分かるし恥ずかしいから」、

「愛している」と言ったことのない仕掛け人の奥様から、これまでの

感謝と愛の手紙を。贈り物は小学校の校長先生だったご主人に、

奥様と娘さんからの「あゆみ(通信簿)」を。__

スグリ1

■小沢さん夫妻
奥様:「幸せな場面と、幸せな言葉で、
気持ちが暖かくなり、体感でも体温が上がったように感じました」

ご主人:「言葉にしないと、愛も感謝の気持ちも伝わらないんだなと気づきました。
目で訴えているだけではだめなんだなと思いました」

■石川さん夫妻
奥様:「手紙を読んでもらっている時、心がぽっぽっと熱くなっている気がしました。
愛は暖かいイメージがあるし、愛と感謝の言葉で自分の体温が上がったのには、とても納得です」

ご主人:「これからも素直に、愛を言葉で伝えようと思いました」

■土井さん親子
お母様:「愛が人を暖めるって、200%賛成。
私も楽しいことを人に伝染させていきたい」

娘さん:「『好きだよ』って自分で言ったとき、心の中からほわってなってるって感じました」

※「ふだんプレミアム」とは…

パナソニックが掲げる新しい家電のコンセプト。
豪華や贅沢なものだけがプレミアムではなく、日常にあるくつろぎや和みなど、
「なんでもないふだんの中にこそ、宝物がある」といった意味が込められています。
「ふだんプレミアム」では、もっと家族を愛するため、ふだんの暮らしをもっととくべつに、
もっとていねいにするために、これからの家族の価値観に寄りそう家電製品を提案しています。


タグ: , , ,

CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト © 2018 All Rights Reserved

日本最大級のCMポータルサイト