CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト

柄本佑、野村周平による、先輩と後輩の下積み時代の掛け合いに注目 カロリーメイト新CM『Mate』篇 2016年4月2日(土)より、全国エリアにて順次公開


大塚製薬株式会社(本社:東京都)は、人のカラダに必要な栄養素が手軽にバランス良く補給できるバランス栄養食「カロリーメイト」のCMキャラクターに、
ドラマや映画など様々なシーンで活躍中の注目の俳優、柄本佑さん、野村周平さんを起用。
新CM『Mate』篇を2016年4月2日(土)から全国で放映を開始します。

「Mate」篇90秒URLhttps://youtu.be/l1wlB9G-Tns

 

 15s.10

 

■『Mate』篇注目ポイント

社会に出ると、学生時代とは全く違うルールが存在します。時に、理不尽に感じることも少なくありません。
そんな時、ぐっと踏ん張って、頑張ろうと思える「底力」になるのは、学生時代、限界まで頑張ったと思える経験と、
ともに汗を流した仲間(Mate)の存在だと思います。
このCMは、すべての新社会人へ贈るエールです。

15s.9

今回、カロリーメイト新CM『Mate』篇で、先輩後輩を演じるのは注目の俳優、柄本佑さんと野村周平さんです。
プライベートでも仲が良く、リアルな先輩・後輩でもある2人。
普段の2人を映すような自然体な演技をはじめ、部活を頑張る学生時代を演じるために、
特殊メイクで坊主頭になった2人の姿にも注目です。

■CMストーリー

高校時代の野球部の先輩後輩が、社会に出て、同じ会社に入社し、
そこでも先輩後輩として日々の仕事に一生懸命取り組む姿を描いています。
野村さんが演じる後輩が、柄本さんが演じる先輩に、下積みの大切さを問いながら、
日々頑張る姿を演じています。
野球時代でのボール磨き、ストレッチ、ベンチでの応援シーンと、社会人時代での資料作成、
名刺交換、カラオケでの盛り上げシーンなどの動きが連動しており、
今も昔と変わらないところがありつつも、着実に成長している2人の姿を描いています。

15s.3
15s.4

振り返れば、必要な経験だったと思えることも、その当時はなかなか意味を見出せず、葛藤したりするもの。
様々な気持ちを抱えながらも、前に進もうと頑張る人たちへの応援メッセージとなっています。

■撮影エピソード

撮影は早朝の河川敷のシーンからスタート。プライベートでも仲が良く、リアルな先輩・後輩でもある2人は、
自然な演技でほぼ1テイクでOKと、撮影はスムーズに進みました。
グラウンドでの撮影では、シーンと静まった空間に、柄本さん・野村さんの気合いの入った大声が響き渡り、
その迫真の演技はまるで映画のワンシーンのようでした。

カメラが回っていないところでは、野村さんが柄本さんに抱きついたり、
2人でふざけたりと終始明るい撮影現場で、坊主頭の特殊メイクで現われたときは、
最初はお互いにその姿をいじり合っていたのですが、実は坊主大好きなんだよねと
途中から2人とも妙に気にいっていたのが印象的でした。
休憩時間には、柄本さんは、「オレスポーツ苦手なんだよー」と言いながらも、
野村さんとテンポよくキャッチボールを楽しんでいました。

カロリーメイトを投げて2人で分け合うという象徴的なシーンでは、
元野球部という設定にも関わらずうまくキャッチができなかった柄本さん。
OKテイクのうまくキャッチできた時はうれしくて思わず笑ってしまっている可愛い一面も垣間見られました。

最終日、0℃の寒空の中での土砂降りシーンの撮影が行われました。
大雨の中、大切なプレゼン資料を濡らさずに走るシーンでは、
野村さんが抱えていた紙筒がほぼ濡れていないというミラクルも。

まさに、柄本佑さん、野村周平さん、2人の役者の底力がつまったCMとなっています。

 ■出演者コメント

<『Mate』篇の見どころ>

柄本さん:「誰もが共感できるような内容で、昔そういう時期こういうことあったし、
今もその時と変わってないな、とにかく走るしかないと、勇気をもらえるCMとなっていると思います。
学生やこれから新生活を始める人も、大人の方にも見てもらいたいです。
あと2人の坊主姿にもぜひご注目ください。」

野村さん:「野球部時代に起きていたことが社会人になってもいろんなものと一致したり、
社会人になって悩んでいるときに学生時代を思い出すことで前向きになれるという
メッセージ性の強いストーリーになっています。
しっかりと泣かせてもくれるし、笑えるところもあるし、昔
を思い出させてくれる部分もたくさんあり、絶対に見たら、カロリーメイトを誰かに投げたくなりますよ。」

 

<共演について>

柄本さん:「ドラマでは兄弟だったので、上司と部下はちょっと恥ずかしかったです。」

野村さん:「うれしかったです。すでに先輩後輩の関係ができているので。
先輩後輩の役柄は、初めて共演する方だとなかなか難しい部分もあるけど、
佑さんとはすでにできているので、すごく入りやすかったです!
でも、ドラマでも共演しているので、むず痒い、恥ずかしい部分もありました。」

<下積みの大事さについて>

柄本さん:「下積みの境界線が無いので、ずっとしている感じ。まだ29歳なので、先輩たちもたくさんいらっしゃいますし。
下積みのひとつとしてはたくさん映画を見て勉強していますね。」

野村さん:「下積みは死ぬまで続くものだと思っています。
地元には仲のいい友だち達がみんな大学卒業の歳なので、就活を頑張っている姿を見ると、
自分はまだまだ足りないのではと思ったりもします。」

■動画リンクURL

『Mate』篇15秒:https://youtu.be/Zft5_FDOM8U

『Mate』篇30秒:https://youtu.be/gJoHfgynIDY

『Mate』篇90秒:https://youtu.be/l1wlB9G-Tns


タグ: , , ,

CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト © 2018 All Rights Reserved

日本最大級のCMポータルサイト