CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト

~ グリコ『アーモンドピーク』 新TV-CM ~ コンセプトは「カリッとしたひと。」 無駄に声が大きい、応援は褒めて褒めて褒め倒す…… 尾野真千子さん、はしゃぎまくり!? 人生初“ヘディング”の結果は? 「あのひとの応援」篇、「あのひとの声」篇 9 月9 日(火)から全国オンエア開始


江崎グリコ株式会社(代表取締役社長:江崎勝久)は、
一粒の“アーモンド感”にこだわった大人のためのナッツチョコレート
「アーモンドピーク」のイメージキャラクターに、
女優の尾野真千子さんを起用し、新TV-CM「あのひとの応援」篇、
「あのひとの声」篇(各15 秒)を、9 月9 日(火)から全国でオンエア開始いたします。

OUEN_0011

OUEN_0012

■TV-CMについて

「アーモンドピーク」新CMのコンセプトは“カリッとしたひと”。
息子のサッカーの応援に駆けつけた尾野さんが、
「いいね!いいね!」「前!前!前!」と誰よりも大きな声を張り上げて、
とにかく褒め倒す「あのひとの応援」篇、
内緒話をしているママ友の輪に興味津々加わった尾野さんが、
「なになになに?」「さとうさんがどうしたの?」と話の内容が分からず、
無駄に大きい声を出して周りを慌てさせる「あのひとの声」篇の2タイトルを制作しました。

147
KOE_0011

明るく屈託のない笑顔と愛嬌あふれる前向きな人柄で、いつも周りに元気を与え、
楽しませてくれる尾野さんのチャーミングなお芝居を通じて、
一粒かんだ瞬間、カリッとはじけて、
甘香ばしい旨みが広がる「アーモンドピーク」の特長を印象的に訴求していきます。


■撮影エピソード

◇アドリブ中心のユニークなお芝居に挑戦
撮影は8月初旬、茨城県潮来市内の小学校グラウンドで行われました。
当日は、朝から雲ひとつない青空が広がる絶好のロケ日和。
立っているだけでも汗が流れる真夏の日差しの中、
さっそく尾野さんはママ友との井戸端会議のシーンに臨みました。
KOE_0002

台詞や演技に制約を設けず、自由な発想から生まれるアドリブを
積極的に取り入れたいという監督の演出方針を伝えられた尾野さんは、
のっけから「なになに? 甘いさとうさん? 辛いさとうさん?」とノリノリの様子。
本番中、監督が何度も「プッ」と吹き出し、
「天才的」とも評した自然体かつ軽妙なアドリブを連発していました。

KOE_0004

◇二人がかりでも抑えられないパワフルなキャラクター
尾野さんがママ友から引き止められるラストシーン。
とにかく前へ進もうとする勢いと大声は、女性二人がかりでもなかなか抑えきれず、
尾野さんの前歯が口を塞ごうとするママ友の手に当たってしまうこともしばしば。
それでも全く意に介さず、ママ友と顔を見合わせて微笑んだ尾野さんは
「なかなか前に進めないなぁ(笑)。今度はもっと頑張ろう!」と闘志満々。
パワフルなキャラクターを楽しみながら演じていて、現場を大いに盛り上げていました。

◇気さくな人柄とチャーミングな笑顔で現場を魅了
カメラテスト用のプラスティック製アーモンドピークをかじろうとして、
スタッフを慌てさせたり、撮影場所近くで鳴いていたセミを逃がそうとしていたスタッフに、
「もしかしてそのセミが(劇中の台詞に出てくる)さとうさんなんじゃない?」と冗談混じりに呼びかけたりと、
茶目っ気たっぷりな尾野さんの言動に周囲は癒されっぱなし。
映画やドラマで披露する本格派女優のイメージとは異なる、かわいらしい“素”の一面が垣間見えました。

190

◇猛暑を吹き飛ばす元気いっぱい応援
息子のサッカーを応援するシーンでは、最初のカットの直後、
思わず「恥ずかしい」と顔を伏せた尾野さんですが、いざカメラが回り始めると、すぐさまテンションMAXに。
突き出した指を激しく振り回したり、その場でピョンピョン飛び跳ねたりして、
毎回グラウンド中に大声を響かせていました。
暑さに加えて、本番中は息つく暇もなく絶叫して大騒ぎするため、
体力的にも相当ハードな撮影が続き、
尾野さんはカット毎に氷冷剤で頭やおでこ、首の後ろを冷やしながら、文字通りの熱演となりました。

140

◇人生初のヘディングにチャレンジ
「あのひとの応援」篇のラストシーンで、ご本人曰く「生まれて初めてのヘディング」に挑戦する際、
事前の練習でスタッフがお手本を見せると、
「えー、おでこ!? おでこはダメだよ~女優さんなんだから」と笑みを浮かべ、
すぐに自分のおでこを両手で隠した尾野さん。
続けて、放られたボールを、目を瞑りつつも何とか右前頭部に当ててみせると、
「あっ、意外と痛いかも。ゴチンっていう衝撃が…」と頭をさすりながら、
人生初のヘディングの感想を語っていました。

◇女優魂炸裂の体当たり演技に視線釘付け!
ヘディングのシーンの本番前、監督に「硬いボールと柔らかいボール、どっちがいいですか?」と聞かれた尾野さんは、
「なんだって大丈夫です!」と女優魂炸裂のコメント。
「何処に飛んでいくか分からないので、皆さん気をつけてくださいね」と言いつつ、
「よいしょっ!」という力強い掛け声とともに、次々とボールを弾き返して、
監督から「上手いじゃないですか。バッチリです!」と絶賛されていました。

OUEN_0016

238
■尾野真千子さんインタビュー

――アーモンドピークのイメージキャラクターに選ばれたお気持ちは?
「子供の頃から食べてたアーモンドチョコのイメージキャラクターとして選ばれたというのは、親にもちょっと自慢できるというか。
とても嬉しかったです」。

――CM撮影はいかがでしたか?
「今日は特に暑くて、一回ジャンプしただけで、何滴汗が流れたのか分からないぐらいでした(笑)。
でも、何よりも青空の下で撮影するのがとても気持ち良かったし、
CMの中でこんなに弾けることができて楽しかったです」。

――CMで演じた役どころが、尾野さんご自身と共感する部分はありましたか?
「まるまるじゃないですかね。けっこう似てるというか、サッカーもあんまりルールとか分からないんですけど、
楽しむことだけに集中して見ている事が多いですし、ママ友との井戸端会議でなになにって、
おっきい声を出してしまうところも、ほぼ私です(笑)」。

――どんな時にアーモンドピークを食べたくなりますか?
「ちょっと疲れて、糖分がほしくなった時に食べますね。
チョコはもちろん、コーティングされてるアーモンドもすごくおいしくて、
一気に疲れが吹き飛ぶ感じです」。

■製品について
<アーモンドピーク>
『アーモンド感(食感・旨み・香ばしさ)がしっかり味わえる、アーモンドチョコレート』
・ ひと粒のチョコレートにアーモンドがギュッと詰まっているため、食べ始めとともにナッツの食感をダイレクトに感じることができます。
・ アーモンドに糖蜜をかけながら、しっかりローストする新製法(アメ焼き製法)で、カリッと強く弾ける食感と、独特の甘香ばしさをひき立てました。
・ 二層からなるチョコレートも本格的な味わいです。
◇リニューアル発売日:2014年9月9日(火)全国
◇内容量:12粒
◇価格 :オープン価格
■江崎グリコ 『アーモンドピーク』WEBサイト
2014年9月4日(木)午前10時よりサイトリニューアル
※複数タイプあるテレビCMや、製品に関する情報などを見ることができます。
http://www.glico.co.jp/otona/


タグ: , , , , ,

CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト © 2018 All Rights Reserved

日本最大級のCMポータルサイト