CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト

高級料亭の個室で豪華な同窓会を開催!? 真田広之さん、中井貴一さん、柳沢慎吾さん50代の3人が「信託」を真面目に語り合う! 『資産承継』篇(30秒) 2015年9月19日(土)から全国でオンエア開始


三菱UFJ信託銀行株式会社(本社:東京都千代田区社長:若林辰雄)は、新イメージキャラクターに俳優の真田広之さん、中井貴一さん、柳沢慎吾さんを起用し、新TV-CM「資産承継」篇(30秒)を、2015年9月19日(土)から全国でオンエアいたします。

 

TV-CMについて

自分の老後のお金の問題のみならず、両親の相続問題にも正面から取り組まなければならないことが多くなる50代。しかし、お金の話題というと、まだまだ敬遠しがちです。そんな方々をターゲットにした今回のCMでは、自分が一番気になっている老後のお金のこと、両親の相続の備えを話し合う機会の大切さを訴求していきます。気心の知れた友人が、将来のお金のことや両親の相続について話し合う――そんな誰にでも訪れる情景を、俳優の真田広之さん、中井貴一さん、柳沢慎吾さんの3人が自然体で演じます。

真田さんの役どころは、メーカーの部長。クールで冷静に周囲を見て、何でも知っているような雰囲気を醸し出しているものの、真顔でボケてしまうところもある愛すべきキャラクターです。柳沢さんは、祖父から続く会社を引き継いだ3代目社長。父から「信託」について何かと耳にしているので知識もあり、他の2人に対して、たまに先輩風を吹かせます。中井さんが演じるのは、人事部門の管理職。仕事柄、人当たりもよく、茶目っ気もある性格と優れたバランス感覚の持ち主で、メンバーの調整役を演じています。

お互いに50代を迎えた現在、「信託銀行」という共通の選択肢に出会ったという場面で、デビュー当初から仲が良いという3人が、一体どのように信託について話し合うのか。豪華な掛け合いが楽しめる新CMにご注目ください。

CMストーリー

新TV-CM『資産承継』篇より(1)

「資産承継」篇(30秒)

落ち着いた料亭の個室にて。真田広之さんと、中井貴一さんがお酒を酌み交わし、再会を懐かしんでいると、「ごめん、ごめん」と遅れて入って来る柳沢慎吾さん。「大遅刻じゃないか」と中井さんが声をかけます。すると、「いや、親父、親父。出かける時に、なんと相続の話をおっ始めちゃってさ」と申し訳なさそうに理由を説明します。真田さんが「相続…」と、かみしめるように呟くと、「そっか、俺たちももうそういう歳か」と納得した様子の中井さん。柳沢さんが「相続といえば、やっぱり信託かな」と話を続けますが、「信託?」と聞き慣れない言葉に戸惑う中井さん。その姿を見て、訳知り顔の柳沢さんは「信託知らないの?のんきに生きてるね~相変わらず」と冗談まじりに責め立てます。自分もよく分かっていないのか、自分が話す必要もないと考えているのか、「説明してあげて」と真田さんに話題を振る柳沢さん。すると、真田さんは、“さもありなん”といった雰囲気で、「信託だろ?」と話を始めるのかと思いきや、「なんだそれ?」と堂々と答えます。思わずズッコケる柳沢さん。すかさず「オイオイオイオイ」と真田さんにツッコミを入れます。ここで、「きょう、信託はじめました。三菱UFJの信託銀行」というオフナレーションと、「託せるクオリティ三菱UFJの信託銀行」というタイトルがインサートされます。

 

■撮影エピソード

◇同窓会のような和気あいあいとした雰囲気の3

撮影前、監督に自分の役柄について確認した真田さんは、「信託の話を振られたら、さもありなん、皆まで言うなという感じで、その後にボケていただければ」というイメージを伝えられ、「ただボケるだけじゃなくて、一人でボケてツッこむのも意外と面白いかもね」と提案。どう演じれば、この世界に入り込んでもらえるのかを真剣に考えていました。

続いて、監督が中井さんと柳沢さんへ役柄の説明をしている最中、急にセリフを練習し始めた柳沢さんが途中でセリフを噛むと、すかさず中井さんから「オイオイ、そんなんじゃ撮影は終わらねーぞ(笑)」という鋭いツッコミが。

その後も、3人で冗談を言いあって、まるで高校生のように収拾がつかなくなっている状態を見て、監督が「いろいろ説明するよりも、実際に撮影していきましょうか」と割って入ると、現場はすっかり和気あいあいとした雰囲気に包まれました。

◇抱腹絶倒のアドリブ劇に必死で笑いをこらえるスタッフ一同

旧知の友達同士が仲良く話している雰囲気を演出するため、時には本編のセリフが終わってもカットをかけず、撮影し続けることもありました。たとえば、ラストのツッコミ後、中井さんがおもむろに「で、信託って何なんだよ。説明してみろよ」と柳沢さんにムチャぶりした場面。「鼻の穴かっぽじって、よく聞けよ。あ、耳の穴かっぽじってよく聞けよ。もう若くてイケイケの時代じゃないんだぞ、老後を考えろ!」と返した柳沢さんですが、中井さんは「だから、説明しろよ」と努めて冷静に問い詰めます。冷や汗をかきつつ、「いいか、かまいたち。いや、おまえたち(笑)。20代、30代とは違うんだ。本当にカメラが回り続けていてびっくりするな(笑)」と柳沢さんが返すと、「何で堂々巡りするんだよ。ちゃんと話してくれよ」と悪のりした中井さん。「いいんだよ俺は、壊れたCDなんだから。あっ、あいつこんな物入れやがった」と苦し紛れに、カバンの中をまさぐった柳沢さんは、おもむろにカバンの型くずれを防ぐあんこを取り出して、「ほら、これだ !」と真田さんに渡します。すると真田さんが「オイ、オイ、オイ、オイ」と柳沢さんに逆にツッコミを入れて、ようやくカットが。現場は何度も爆笑の渦に巻き込まれました。

◇声だけの収録でガチガチに緊張!?

声だけを収録する場面では、真田さん、中井さん、柳沢さんの3人がそれぞれ、「きょう、信託はじめました」「三菱UFJの信託銀行」のフレーズを、マイクの前で録音しました。難なくこなした真田さんと中井さんに対して、終始緊張しっぱなしだったのが柳沢さん。中井さんが「慎吾は緊張しているのが、手に取るようにわかるなぁ」と声をかけると、柳沢さんは「二人とも何ニヤニヤしているんだよう」と照れ笑いを浮かべるなど、お互いの仲の良さを象徴するようなやり取りがありました。すべての収録が終わると、柳沢さんが真田さん、中井さんの手を取りながら、まるでカーテンコールのように挨拶。スタッフ全員から大きな拍手を受け、最高の笑顔で現場を後にしました。

 

■真田広之さん、中井貴一さん、柳沢慎吾さんインタビュー

――3人で会うのは久々とのことですが、お互いの印象をお聞かせください。

【柳沢さん】:真田さんと会うのは25年ぶり以上なんですよ。

【真田さん】:一瞬にして時間が戻ったというか。二人とも全然変わってなくて、びっくりしています。

【柳沢さん】:いい雰囲気が生まれたもんね。メイキングなんてすごく盛り上がっていると思うよ。

【真田さん】:あなたがね(笑)。

【中井さん】:みんな50歳を過ぎているけど、やっていることは20代の時と変わらない。お恥ずかしいメイキングをお見せするのではないかと心配しています(笑)。

――こんなに楽しいCM撮影は経験がないというスタッフが大勢いました。

【柳沢さん】:演者が笑っていても、スタッフは真剣ってことが多いから、うれしいよね。

【中井さん】:本編の台詞の後も長回ししていて、そこがお届けできないわけじゃない。俺らは世代的に、カットがかかるまで芝居を続けろって言われてきたから続けられるけど、頑張ったよね。

【真田さん】:そこに命を懸けていたところも。

【柳沢さん】:だって、止めないんですよ、カメラ。普通だったら「ハイ、OK」って言うのに、ずーっと回っているから、ずーっと進んじゃうし、こっちはパニクりますよ。

【真田さん】:そこで慎吾ちゃんの真骨頂が発揮されるよね。

【柳沢さん】:真田さん、いい事言うね。俺は追い詰められるといいんだって。考えるとダメだけど。

【中井さん】:そうそう。追い詰められるといいし、画面に映ってない時の方がもっといいんだよね。

【柳沢さん】:いいこと言うね……いやいや、表出ろよ(笑)。

【中井さん】:俺らが20代の時、50代の先輩で、慎吾ちゃんのような人いなかったもの。

【柳沢さん】:こういう状態で60、70歳になったらどうする?俺、真田さんと一緒にロス行こう!

【真田さん】:オイ、オイ、オイ、オイ(笑)。

【柳沢さん】:こういう時に使えるんだよね。これ流行るよ。とにかく、今回のCMはキャスティングがいいね。このメンバーでやれて、本当に楽しかった。で、なんで二人は失笑しているの?

【中井さん】:いやいや、感慨深いものがあるなと。

【真田さん】:ペースメーカーがしっかりしていたから、楽しかったよね。

――今回の撮影で、それぞれのイメージは変わりましたか?

【中井さん】:全く一緒じゃないかな。慎吾は21歳ぐらいの時からずっと変わらないけど、同じギャグを何回も言って、人に面白かったと強要するようになっているところに、「老い」を感じるな(笑)。

【柳沢さん】:ロケに行くと、だいたい3回ぐらい同じことをしゃべっているらしいんですよ。自覚はまったくない。さっき同じことを言ったよと指摘されるんですけど、ウソでしょうと。

 

――真田さんと中井さんのお互いの印象はいかがですか?

【中井さん】:変わらないですよ。

【柳沢さん】:中井さんが「ダーちゃん」と言っていて、「え、誰?」と思ったら真田さんだったの。

【真田さん】:昔、ミュージシャンの仲間とかに、そう呼ばれていたんですよ。名前をひっくり返して、ダーサナ。それがダーちゃんになったんだよね。中井さんのことは「貴一っちゃん」って呼んでいます。共演は10年ぶりぐらいだけど、変わらない。慎吾ちゃんも、昔からこんな感じだったよね。

【柳沢さん】:昔から謙虚でしたよ。感謝の気持ちで、スタッフにご苦労さん、ってね。

【真田さん】:でも、うれしいよね。こうやって若い頃のようにバカをやれるというのは。

【中井さん】:俺たちの仕事って、先がわからないじゃないですか。だから、30数年経って、CMで共演できるということは、本当にありがたいと思います。

【真田さん】:お互いに健康でいたいよね。

――今回のCMのテーマにも繋がるお話ですね。

【中井さん】:やっぱりそういう相続とか、家をどうするとかって話は、実際によく出ますからね。

【柳沢さん】:若い頃とは違います。10代、20代の頃とは。

【真田さん】:いいこと言うね。

【柳沢さん】:いつまでもおちゃらけている柳沢ではないんでね(笑)。

【中井さん】:じゃあ、ちょっと信託について語っておいた方がいいと思うよ。

【柳沢さん】:いいところですからね。ぜひ皆さんも、これから勉強してね。

【真田さん】:今回のCMの内容は勉強になるよね。続けながら、俺たちも学んでいくという感じで。

【柳沢さん】:また再会したいですね。でも明日、昼の飛行機でロスに帰らなきゃいけないから。

【真田さん】:オイ、オイ、オイ、オイ(笑)。このフレーズ、けっこう気に入っています。

 

■出演者プロフィール

【真田広之】

1960年10月12日生まれ、東京都出身、A型

【中井貴一】

1961年9月18日生まれ、東京都出身、A型

【柳沢慎吾】

1962年3月6日生まれ、神奈川県出身、AB型

■CM概要

タイトル:三菱UFJ信託銀行新TV-CM『資産承継』篇(30秒)

放映開始日:2015年9月19日(土)

放映地域:全国

■制作スタッフ

シニアクリエーティブディレクター : 平山浩司

クリエーティブディレクター : 佐藤仁

プランナー : 速水一浩

コピーライター : 米村大介

プロデューサー : 萩中信弘、石川能、久代真司

キャスティング : 佐久間一枝、若穂囲雅

アートディレクター : 中島貴久

制作 : 小幡裕樹

演出 : 中島信也

撮影 : 阿藤正一

照明 : 高倉進

美術 : 鈴木一浩

スタイリスト : 大久保篤志(真田さん)、白石絵里子(中井さん)、

西村ひさえ(柳沢さん)

ヘアメイク : 高村義彦(真田さん)、藤井俊二(中井さん)、

宮田裕香子(柳沢さん)

音楽 : 渡辺秀文


タグ: , , , , ,

CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト © 2018 All Rights Reserved

日本最大級のCMポータルサイト