CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト

主演・杏×監督・行定勲 大好評!「澪」“WEB限定ムービー”第2弾! 現代版七夕ラブストーリー!


宝酒造株式会社は、松竹梅白壁蔵「澪」スパークリング清酒のイメージキャラクターである女優の杏さんを起用した、
WEB限定ムービー第2弾“My First Mio”「『澪』と過ごす七夕」篇を、2015 年6月19日(金)午前9時から、
「澪」公式サイト(http://shirakabegura-mio.jp/special-movie)にて公開いたします。

当社では季節ごとのイベントに「澪」を絡めた、杏さん主演のWEBムービーを展開中で、
今回の作品はご好評をいただいた第1弾「『澪』と過ごす母の日」篇に続く、第2弾となります。

07_0609Mio2_18
WEB限定ムービーについて

当社では今春より、“My First Mio”というテーマのもと、季節ごとのイベントに「澪」を絡めたWEB限定ムービーを、
「澪」公式サイトで展開中です。“
My First Mio”には、初めて「澪」を飲むという意味に加えて、「澪」があることによって、その場にいる人たちの距離が近くなったり、
今までよりも良い関係へと変わるきっかけになってほしいという思いが込められています。
通常のCMとはまた違った魅力を放つ、ストーリー性豊かなWEB限定ムービーを通じて、
大切な人と過ごすお祝いや記念日に、人と人の間をやさしくつなぐお酒「澪」を添えてほしいというメッセージを
印象的に訴求していきます。

シリーズ第2弾「『澪』と過ごす七夕」篇でも、ご好評をいただいた前回「『澪』と過ごす母の日」篇に引き続き、
日本アカデミー賞最優秀監督賞作品『GO』をはじめ、
『世界の中心で、愛をさけぶ』『北の零年』などのヒット作を手掛けた行定勲監督が演出を担当。
織姫と彦星の伝説でお馴染みの「七夕」をテーマに、デザイン事務所に勤務するOL役の杏さんと、
彼女がひそかに想いを寄せる会社の先輩役の青木崇高さんの共演で、
微笑ましくも愛おしい大人のラブストーリーを描きました。

07_0609Mio2_11
数々の恋愛映画を紡いできた行定監督による、恋する男女の絶妙の心理描写をはじめ、
クライマックスに至るドキドキのストーリー展開、幻想的かつ情緒的な映像美など、
見どころ満載の作品に仕上がっています。


■「『澪』と過ごす七夕」篇あらすじ

とあるデザイン会社の休憩室。田端美織(杏さん)が働くこの会社では、
短冊に願い事を書くのが社内行事になっています。
七夕の夜、ひそかに想いを寄せる先輩の木内泰彦(青木崇高さん)と、
笹を燃やす係に選ばれた美織ですが、外はあいにくの雨模様。雨がやむのを待ちながら、
2人は「社長、今年も書いてる」「背が伸びますように、って?」などと、短冊に書かれたネタで盛り上がっています。
「田端さんの願い、ずいぶん現実的だねぇ」と泰彦に茶化され、
その仕返しとばかりに、今度は泰彦の短冊を探し始める美織。
ところが、なぜか泰彦は「見るなよ」と大慌て。
部屋を出て行った隙に、美織は泰彦の短冊を探し当てますが、
そこには「Nちゃんと相思相愛になりますように」との文字が。
「Nちゃん?」……。

07_0609Mio2_07
07_0609Mio2_09

■撮影エピソード

◇息ぴったりのお芝居で男女の微妙な機微を表現

会社の先輩と後輩という役どころを演じた杏さんと青木さんは、
以前、NHK大河ドラマで共演歴もある旧知の仲。「ご無沙汰しています」「お元気でしたか?」などと久々の再会を喜び合い、
とても和やかな雰囲気で撮影に臨みました。
行定監督の「距離感が近くて、とても良かった」との言葉通り、本番でも2人の息はぴったり。
心のうちに抱えている恋心を、相手に分かってほしいような、分かってほしくないような、
表情や仕草からは捉えにくい男女の微妙な機微を、見事に表現していました。
また、休憩中はお互いに大好きなお酒の話題で盛り上がっていた杏さんと青木さん。
自宅にお酒専用の冷蔵庫があるという青木さんに、
杏さんも興味津々といった感じで、お酒トークに花を咲かせていました。

◇恋する女性の魅力を引き出す絶妙の演出

行定監督が最も意識したお芝居のひとつが、杏さんが青木さんと「澪」で乾杯するシーン。
今まで「田端さん」と苗字で呼ばれていた青木さんから、
あることをきっかけに「美織ちゃん」と下の名前で呼ばれ、「澪」を介して2人の距離が一気に縮まる場面です。
「相手に自分の想いが悟られたと感じた時に飲む『澪』は、一体どんな味がするのか。
飲んだ後のため息と表情がポイント」と杏さんに伝えた監督は、ワンテイク毎に細かく演技指導。
恋する女性のチャーミングな魅力を引き出し、本篇のなんとも言えないホッとした顔、
見ているだけで心がほぐれていくような雰囲気を見事に演出していました。

07_0609Mio2_06
◇願い事の成就を物語る幸せいっぱいの笑い声

杏さん自身、「迫力があって楽しかった」と語っていた屋上で笹を燃やすシーン。
短冊や笹を燃やした煙が天まで届き、願いを叶えてくれるという七夕の風習を再現したものですが、
当日は風が強い時間帯もあり、飛び散る火の粉から杏さんを守る青木さんという場面が幾度となく見られました。
美しい天の川の下、2人で静かに火を見つめている幻想的なお芝居から一転、
思わぬオチが発覚するところでは、あまりにも楽しそうな掛け合いに、周りのスタッフもすっかり笑顔に。
夜空に響き渡る幸せな笑い声は、劇中の2人の願い事が成就したことを雄弁に物語っていました。

07_0609Mio2_16

■杏さんインタビュー

――撮影で印象に残っているシーンと、こだわったポイントをお聞かせください。

「笹を燃やすシーンが、迫力があって楽しかったです。
一日限りの役ですが、前後を想像させるような自然な動きができたら良いなと思って演じました」。

――第1弾「『澪』と過ごす母の日」篇をご覧になった感想は?

「光がとても綺麗で、見ていて心が温かくなるような映像でした」。

――短冊に七夕の願いを書くとしたら、どんな願い事を書きますか?

「時間がないので、どこか旅行に行きたいです。

海や山へ犬達も一緒に連れていきたいですね」。

――視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。

「大人になると、七夕に短冊を書く機会は多くないと思います。
今回ムービーを通じて、改めて、季節を感じ、願いをこめる素敵なイベントだなと思いました」。

 

■行定勲監督インタビュー

――撮影を終えての感想は?

「前回、初めて杏さんを撮って、彼女は新種の女優というか、唯一無二な印象を持ちました。
手足が長いから非常にファニーに見えて、動きがとても豊か。
カメラマンも同じことを言っていましたね。そういう彼女の身体的な魅力はもちろん、表情も相変わらず良いし、
他とは違う感じ方をしてくれるから面白かったです。
物語としては、気まずさというか、根底に恋愛があって、お互いの思惑がある。彼は自分の気持ちを分かって接しているのか?
彼女は自分の気持ちを分かられたくなくて、そうしているのか?
打算的な部分は恋愛につきもので、そういうむずがゆさ、気恥ずかしさが表現できたかなと思います」。

――今回のショートムービーを撮るに当たって意識した部分は?

「ラブストーリーをずっと撮ってきましたが、今回の短編はまず、
日常の中に『澪』が常にあり、介在している。それが当たり前の日常である、という風に見せたいと思いました。
長編ドラマだと、必ずクライマックスが訪れますが、映画で言うとクライマックスではなく、
あくまでも積み重ねたシーンのひとつ。それが短編です。
その積み重ねが一つのシーンのシークエンスでしかないはずなのに、そ
こにもクライマックスがちゃんとある。
短編には、そういう面白さがあるなと思いました」。

――監督が今回の撮影でこだわったポイントは?

「続篇でもさりげない日常の積み重ねの中で、『澪』を口にする2人がテーマになる気がしますが、
そういう意味で、日常における『澪』のあり方をどういう風に出すか、
どのタイミングで『澪』を飲むのがいいのか、一生懸命考えました。
今回の飲み方は僕自身、すごく好きです。なぜなら、彼女は自分の心が相手に悟られたと思った瞬間に『澪』を飲むわけですよね。
その味はどんな味なのかなと思って。飲んだ瞬間、彼女があーって、ため息をついてホッとしたような顔をする。
そういう風にしたところが、演出の上でこだわったポイントです。心をほぐしてくれる感じがとてもいいなと」。

――第1弾の公開後、周りからはどのような反響がありましたか?

「見た人からは、すごく『澪』を飲みたくなるよね、という感想が一番多かったです。
『澪」が美味しそうに見えたと。お酒とか食べ物がおいしそうに見えると、
物語が豊かになるので、そういう風に見えたのは良かったと思いました。
やっぱりお酒を飲んだり美味しいものを食べる時は、良いシチュエーションでいたい。
そういうシチュエーションを作るのが大切なんだなと改めて気付かされました」。

――視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。

「今回は七夕がテーマですが、シチュエーションとしてはちょっとひねりました。
その中で、『澪』との関係を意識しながら、日常の中に、『澪』がちゃんと繋がっているという風になると思います。
多くの方が共感できる物語になると思いますので、
自分の恋愛や好きな人に重ね合わせて見ていただきたいですね」。

 

■プロフィール

◇杏(Anne

生年月日:1986年4月14日

出身地:東京都

血液型:A型

◇青木崇高(Munetaka Aoki

生年月日:1980年3月14日

出身地:大阪府

血液型:AB型

 

WEBムービー概要

タイトル:松竹梅白壁蔵「澪」スパークリング清酒

WEBムービー“My First Mio”「『澪』と過ごす七夕」篇

出演:杏、青木崇高

公開開始日時:2015年6月19日(金)午前9時

公開先:「澪」公式サイト(http://shirakabegura-mio.jp/special-movie)

■制作スタッフ

SCD西田新吾

CD金秀峯

CW/PL佐野章子

プロデューサー中村悟

制作鈴村佳大

監督行定勲

脚本堀泉杏

撮影福本淳

照明中村裕樹

美術相馬直樹

録音湯浅高己

衣装中井綾子

ヘアメイク平元敬一 / かろりね

編集今井剛

音楽めいなCo.

WEB限定ムービーを観て応募しよう!「MFirstMioプレゼントキャンペーン」概要

クイズ

Q.1Vol.1「澪」と過ごす母の日より

ムービーの最後の商品カットで、テーブルに飾られていた花の名前はなんでしょうか?

AバラBチューリップCカーネーション

Q.2 Vol.2「澪」と過ごす七夕より

ムービーの最後の商品カットで、背景に広がっているのは何川でしょうか?

A天の川B天塩川C天竜川

◇第1回キャンペーン応募締め切り

2015年7月12日(日) 23時59分

◇賞品と当選者数

松竹梅白壁蔵「澪」スパークリング清酒750ml&オリジナルグラス(ペア)を抽選で100名様にプレゼントいたします。

07_0609Mio2_19

◇応募資格

・満20歳以上で日本国内に在住の方に限らせていただきます。

・宝酒造の社員および関係者は応募できません。

・誠に勝手ながらご応募はお一人様1回までとさせていただきます。

◇応募方法

ご利用規約及び個人情報保護に関する基本方針に同意いただき、「MY FIRST MIO」ムービー2本をご覧のうえ、
応募フォームにクイズの答えを含めた必要事項をもれなくご入力いただき応募ください。

◇抽選・当選発表

応募締切 2015年7月12日(日) 23時59分まで
応募締切後、2問のクイズに正解された方の中から厳正な抽選の上当選者を決定いたします。
また、当選の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

◇賞品のお届け

賞品のお届けは2015年7月下旬頃の予定です。

※お客様のご住所・転居先が不明などで賞品がお届けできない場合は、
当選を無効とさせていただきます。ご了承下さい。

◇お問い合わせ先

お問い合わせはこちらから

http://www.takarashuzo.co.jp/soudan/form/form01.html

・当選に関するおお問い合わせへの回答はできません。

◇個人情報の取扱い

お客様の個人情報は抽選及び賞品発送を利用目的とし、宝酒造株式会社にて適切に管理させていただきます。

お客様の個人情報をお客様の同意無しに業務委託先以外の第三者に開示・提供することはありません。

(法令などにより開示を求められた場合を除く。)

※その他お客様の個人情報の取扱につきましては個人情報保護に関する基本方針をご参照ください。

■松竹梅白壁蔵「澪」スパークリング清酒について

松竹梅白壁蔵(※)「澪」スパークリング清酒は、米と米麹に由来するほのかな甘みとほどよい酸味、爽やかな泡立ちが楽しめる、アルコール分5%のスパークリング清酒です。2011年6月に、ルートを限定して発売し、2013年9月に全ルートに販路を拡大しました。以来、女性やこれまで清酒に馴染みのなかった20~30代の方を中心に、幅広い層のお客様からご好評をいただくとともに、パーティーや結婚式での乾杯、手土産・贈り物としてご利用いただくなど、日常における飲用スタイルや飲用シーンも大きな広がりを見せています。

※白壁蔵:神戸市東灘区にある当社の清酒蔵。伝統的な酒造りの原理を再現した最新鋭の設備での酒造りと、人の手で行う酒造りの両方を併せ持ち、純米酒や吟醸酒といった特定名称酒を中心に製造しています。独立行政法人酒類総合研究所と日本酒造組合中央会が共同で開催している全国新酒鑑評会では、現在12年連続で金賞を受賞しています。(平成15~26酒造年度)

 

■商品概要商品名

松竹梅白壁蔵「澪」スパークリング清酒

品目

清酒(発泡性)①

酒質

日本酒度-70/酸度4.0/アミノ酸度0.6

アルコール分

5度

容器

ガラス壜

容量

150ml

300ml

750ml

梱包

20本段ボール箱入

12本段ボール箱入

6本段ボール箱入

参考小売価格

(消費税抜き)

285円

475円

1,187円

発売地域

全国

発売日

2013年9月17日(火)

 

 


タグ: , , , , , ,

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト © 2018 All Rights Reserved

日本最大級のCMポータルサイト