CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト

~新型「サントリー 黒烏龍茶」新TV-CM~ 世界的トップモデルのミランダ・カー、スタイル維持のためにジョギングするも、「絶品コロッケ」には勝てない! 11月2日(月)から「コロッケ」篇を全国でオンエア開始(CMオリジナル開発コロッケも全国のスーパーで販売開始)


サントリー食品インターナショナル株式会社は、「サントリー 黒烏龍茶(特定保健用食品)」の
新TV-CM「コロッケ」篇を11月2日(月)より、全国で順次オンエアいたします。

sub2
■TV-CMについて
 新CMでは、スタイリッシュなデザインのボトルの新型「黒烏龍茶」をより多くのお客様にお楽しみいただくため、引き続き世界的トップモデルであるミランダ・カーさんを起用いたします。
 トップモデルであり続ける彼女にとって、カロリーコントロールは大切なことですが、CMではスタイル維持のために不可欠なエクササイズと「どうしても食べたい」、そんな私たちにも通ずる彼女の素直な気持ちを、印象的に描きました。
 前作同様、彼女の食へ向かう素直な気持ちを音楽にのせて、明るくチャーミングに描くことで、新型「黒烏龍茶」の前向きに食事を楽しむ人々を応援する商品としての存在感をアピールしていきます。
 また、一般社団法人日本コロッケ協会の協力のもと、今回の撮影のためにオリジナルで開発されたコロッケを11月上旬より全国のスーパー(一部)で販売予定です。

 

■CMストーリー 「コロッケ」篇
 TV-CMは彼女の日常のエクササイズであるジョギングから始まります。楽しんでジョギングしている彼女に、屋台から良い匂いが漂い、コロッケの屋台の 前で、美味しそうにコロッケを頬張る人々が目に入ってきます。しかし彼女はジョギング中。気を取り直して走り始めますが、次第に頭の中は「コロッケ」で一 杯になり、走れば走るほどその気持ちが強くなります。
 結局、その想いを断つことができずに、思わずタクシーを拾ってさきほどのコロッケ屋台に直行!タクシーを降りるや否や、勢いで3つも注文してしまいま す。やっとの思いで手に入れた揚げたてのコロッケを、美味しそうに頬張るミランダさん。彼女のそばには、“脂肪の吸収を抑えて体に脂肪がつきにくい”新型 「黒烏龍茶」。食事とともに美味しそうに黒烏龍茶を飲んでいる姿が印象的に描かれています。食べ終わった後は、食べた分だけちょっと余分に走ろうと思いな がら、ジョギングを再開します。

sub1
main
 今回、彼女の心の声を表現するため、お馴染みの名曲「古い日記」をアレンジし、コロッケを食べたくてたまらない‘まっすぐな気持ち’と‘ちょっとだけ言い訳をする’歌詞を織り交ぜてチャーミングに仕上げています。



■撮影エピソード
◇ジョギング撮影シーンで、颯爽と走るミランダさん
 前作とは違い、今回はとにかく「走る」。今作はスタイリッシュなボトルを想起させる黒を基調とした衣装を身にまとい、30℃を超える気温の中、何度も何 度も走っていただきました。そんな過酷な撮影にも関わらず、スマートフォンで周りの風景を撮ったり楽しく周囲を和ませる一面も見せるなど撮影は楽しく、進 行していきました。
 また、普段からエクササイズを欠かさないミランダさんのランニングフォームも美しくスタッフ一同、そのスポーツウーマンであるミランダさんの美しさに感嘆の声が漏れていました。

◇コロッケ屋台での難しい演技も難なくこなす
 CMならではの計算された秒数での演技も、モデル出身であるにも関わらず難なくこなされていました。特にコロッケ屋台での、タクシーから降りて急いでコ ロッケを注文するシーン、食べたい気持ちを全面に押し出した演技で、すぐに監督からのOKをもらうなど、撮影はスムーズに進行していきました。

◇幸せそうなコロッケの食べっぷり
 ようやく食べることのできるコロッケを前に、ワクワクした表情のミランダさん。今回のCMのために特別に開発された「ミランダコロッケ」を何度も食べて いただきました。オリジナルで開発されたコロッケはブイヤベースを基本テイストとし、エビ・ホタテ・アサリ・カニの入った贅沢なものとなっており、ミラン ダさんも「美味しい!」と終始にこやかに堪能していただき、何度も撮影する中で最終的には5個も平らげていただきました。

◇「新型黒烏龍茶 おいしッ!」
 今回の新CMでは、ナレーションにも挑戦していただきました。いくつかのパターンでの日本語読みにチャレンジした末に、彼女のチャーミングな「新型黒烏龍茶、おいしッ!」という声を収録。身近に感じられる彼女の魅力ある日本語ナレーションも、お楽しみください。

 

■出演者プロフィール
Miranda Kerr(ミランダ・カー)1983年4月20日オーストラリア生まれ、ファッション業界で最も影響力のあるモデルの一人。
高級ブランドのランウェイショー、ファッション、コスメビューティー撮影はもちろんのこと、グローバルブランドのTVCMや広告出演など華々しいキャリア をもつ。モデルとしての活動を超え、ベストセラー作家、ビジネスオーナーとしての顔も持ち、認定ヘルスコーチとしての資格も有している。


■CM楽曲について
「コロッケ篇(30秒)」歌詞

コロッケが 食べたいの
出会ったの 運命よ
大丈夫 中ポーテト
一応 野菜の仲間だし「KURO!」
新しい黒 忘れず飲むわ
ちょっと 余分に走ります

 
歌い手について

Mayu (マユ)

sub5

1994年生まれ。横浜出身。2012年、地元横浜でエレキギター片手にライブ活動を開始。2014年より活動のエリアを拡大。エレキギター弾き語 りからバンド編成まで、柔軟なスタイルでライブを行う。3月9日よりアーティスト名義を「ワタナベマユ」から「Mayu」に改名。小柄な体から溢れ出る力 強く、かつ艶やかな歌声と、キュートなルックスでエレキギターをかき鳴らす姿のギャップに、老若男女問わず幅広い層から支持を集める、ポップとロックを内 包した次世代シンガーソングライター。



[参考資料]
<ミランダコロッケ開発経緯について>

~コロッケ王子と呼ばれる藤井幸大さんによるコロッケ開発経緯~
ジャガイモは世界中でビタミン摂取の重要な食材として古くから伝わり、その調理方法は他に類を見ない多さとなっております。そのジャガイモを使用したコ ロッケは、栄養分の豊富さとバリエーションの多さから、惣菜の中では最もポピュラーな食材となっており、馴染み深いものや、お好きなものをコロッケの中に 閉じ込めて手軽に食べることができます。
大正時代に目新しいご馳走が、大衆的な人気商品になり、コロッケは1つのメニューから新たなる食事の食べ方、食スタイルへと進化しました。

今回、一般社団法人日本コロッケ協会会長を務められています、コロッケ王子こと藤井幸大氏に開発していただいたシーフードコロッケは、地中海のブイヤベースを基本テイストにしたコロッケです。 
海鮮を使ったコロッケが少ない中で「魚介の味」と「食感」がコンセプトの斬新なコロッケです。 
ポイントとして、「エビ」「ホタテ」「アサリ」「カニ」の4種の魚介をたっぷりと使用し存在感を出しています。
下味に白ワインで風味を引き出し、オリーブ油とトマト、「ホキ・まだら・鯛」の白身魚のアラと香味野菜ブイヨンで煮込んだブイヤベースを使用。皮ごと蒸煮 し丁寧に裏ごした羊蹄山麓産の男爵いもと練り合わせ滑らかに仕上げています。 パン粉は香味豊かなライ麦を配合し、サクサクで香ばしいアクセントを纏わせ ます。
旨味と食感が調和された全く新しいコロッケとなっています。

 

<コロッケ王子プロフィール>藤井 幸大(ふじい こうだい) 出身地 北海道札幌市
一般社団法人 日本コロッケ協会 会長兼理事長
サンマルコ食品 マーケティング本部 部長
PRTIMES


タグ: , , , ,

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト © 2017 All Rights Reserved

日本最大級のCMポータルサイト