CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト

― ソフトバンク「白戸家」シリーズ新TV-CM ― 「ホワイト学割with 家族2014」 ふなっしーが白戸家と初共演 「ニセふなっしー」として荒稼ぎする野々村真を、 本物ふなっしーが追いつめる!?


ソフトバンクモバイル株式会社は、学生・お子さまとその家族を対象にしたキャンペーン「ホワイト学割with 家族2014」、「学生家族まるごと割」を実施中です。それにともない、ご好評をいただいている「白戸(しらと)家」シリーズのゲストに、タレントの野々村真さん一.家(俊恵さん、香音さん)、千葉県船橋市の非公認ご当地キャラクターのふなっしーを迎え、新TV-CM『野々村家』篇(15 秒・30 秒)を2 月5 日(水)から全国(一部エリアを除く)でオンエア開始いたします。

野々村家 学割 30秒 (11)

■TV-CM について
この度、ソフトバンクでは、「ホワイト学割with 家族2014」と「学生家族まるごと割」をPR する新CM として、お馴染み「白戸家」と、芸能一家として知られる野々村真さんファミリーとの、微笑ましい交流を描いた最新作『野々村家』篇を制作しました。家族でのりかえるとホワイトプラン基本料が3 年最大10 万円(※1)もおトクになり、さらに学生とそのご家族が同日、同店舗でスマートフォンを購入すると、それぞれの機種代金が最大10,500 円割引(※2,3,4)となるキャンペーンを、実施中です。

一番の見どころは、ご当地キャラ界でも1、2 の人気を誇る千葉県船橋市の非公認ご当地キャラクターのふなっしーが登場する場面。巷での人気に便乗して、ふなっしーそっくりの「ニセふなっしー」に扮し、ひと儲けしようと企んだ野々村真さんを追いつめる、前代未聞の逃走劇は必見です。

※1 3 人家族の場合
※2 新スーパーボーナスで一括払いの場合(分割払いの場合、10,000 円分の商品券)。
※3 ご家族が機種変更でiPhone を購入した場合は、ご家族の機種代金は5,250 円割引となります(分割払いの場合、5,000 円分の商品券)。
※4 割引額は消費税率5%で計算しております。


■CM ストーリー
『野々村家』篇(30秒)
野々村宅へ遊びに来た白戸家。俊恵さんに「コーヒーどうぞ」と勧められたお母さんが、「ありがとう」とお礼を言うと、いきなり真さんが「200 円です」と右手を差し出し、コーヒー代を請求します。

その理由を、「今、お金貯めてて…」、「ふなっしーのニセモノやって稼いでるんです、父」と明かす俊恵さんと香音さん。部屋の片隅にふなっしーそっくりの被り物、ニセふなっしーが置いてあり、「この間、本物に追いかけられて…」と真さんの回想シーンが入ります。商店街で大勢の人を集めているニセふなっしー(真さん)のもとに、突然「そいつはニセモノなっしー!」と本物のふなっしーが乱入。「待てなっしー!」と追いかけっこが始まり、ついには「なんでこんなことしたなっしー!」と捕まえられてしまいます。「そんなことしなくても」と気の毒がるお母さんに続いて、「ソフトバンクの学割にすれば、3 人家族なら3 年で10 万もお得ですよ」と、「家族の学割」を勧めるアヤ。そのおトク感に、真さんが「10 万!」と驚いていると、俊恵さんが「じゃあコーヒーただでいいです」と言い出します。「人生お金だけじゃない」と諭すお父さんに、ニセふなっしーになった真さんが「その通りだなっしー!」と同意すると、「なっしーはやめろ!」と怒鳴るお父さん。最後は「家族の学割、ソフトバンク」というナレーションをバックに、ふなっしーとニセふなっしーが仲良くジャンプしているカットで締め括ります。

■撮影エピソード
◇ハイテンションのふなっしーをオールロケ撮影
ふなっしーの撮影は都内某所にて、オールロケで行われました。「おはようなっしー!」と、通りすがりの人々にも愛嬌を振りまきながら、颯爽と登場したふなっしー。さっそく商店街で、真さん扮するニセふなっしーを追いかけるシーンから撮影に臨みました。同じファンタジーの世界を生きる者として、以前から親近感を抱いていたという白戸家CM の撮影ということで、ふなっしーはいつにも増してハイテンションの様子。慣れない着ぐるみの演技で、「しんどいなっしー!」と早くも肩で息をする真さんを尻目に、終始キレキレのアクションを披露し、現場を沸かせていました。

◇スタッフの予想を遥かに上回る人気ぶり
どこへ行っても、「あれ、ふなっしーじゃない?」「えっ、ホント??」といった感じで、カメラの周りに大勢のギャラリーが集まってきたふなっしーの撮影。サービス精神旺盛なふなっしーは、時間の許す限り、子供たちに手を振ったり、握手に応じたり、時にはリクエストに応えて、その場でジャンプや愉快な動きを披露して、たくさんの人に笑いを届けていました。よちよち歩きの小さな子供からおじいちゃん、おばあちゃんまで、声を掛けてくる年齢層も幅広く、スタッフ一同、予想を遥かに超える巷でのふなっしー人気を実感した1 日でした。

◇野々村真さん扮するニセふなっしーと意気投合
休憩の際には、船橋を何度か訪れたことがあるという真さんと、地元トークで盛り上がっていたふなっしー。ニセふなっしーの着ぐるみを指差し、「それはどこで発注したんだなっしー?」などという会話ですっかり意気投合すると、ふなっしーの声や仕草をモノマネしてみせる真さんに、本人自ら演技指導を行ったり、二人で橋の上からの景色を眺めて、黄昏れたりする微笑ましい場面も。すべての撮影が終わった後、「これ脱ぐの、寂しいなっしー」と言いながら、ニセふなっしーの被り物を脱いだ真さんとがっちりと抱き合い、お互いの労をねぎらっていました。

◇野々村一家による抜群のチームワーク
都内某所のスタジオで行われた野々村一家の撮影。家族3 人一緒に現場入りし、野々村一家らしい“仲良し家族”の雰囲気そのままに撮影が始まりました。多種多様なコメントや表情が求められたシーンでは、抜群のチームワークで的確に応え、時には家族同士で演技のアドバイスをしていた野々村一家。俊恵さんに至っては、監督が出した「無表情かつ心のこもっていない演技をお願いします」という、ハードルの高いリクエストにも難なく対応しましたが、あまりにも完璧に披露したことで、「逆に(無表情すぎて)怖いくらいです」と驚かせていました。撮影の合間には、家族で楽しそうにおしゃべりをする場面もあり、自宅にいる“自然体の野々村一家”を垣間見ました。

◇2014 年も元気いっぱい和気藹々の白戸家
2014 年、最初の撮影となった今回。年明け初顔合わせということもあり、樋口さん、ダンテさん、上戸さんの白戸家メンバーは共に「あけましておめでとうございます!」と元気に挨拶を交わしてから撮影に向かいました。休憩中は、お互いに年始年末の話をして、盛り上がっていた白戸家の皆さん。和気藹々とした雰囲気で談笑している姿は、まさに、今回のCM のテーマでもある“家族”そのものといった感じでした。撮影では相変わらず息ぴったりの演技で、OK テイクを連発。今年も元気いっぱい、仲良しの白戸家が、視聴者の皆さんを楽しませてくれそうです。


■「野々村一家」インタビュー
――CM 撮影の感想は?
【真さん】:家族一緒のCM 撮影は初めてなので、やっぱり緊張しました。娘の方は安心して見ていたんですけど、とにかくママが心配で。お芝居をするのは何十年ぶりでしたからね。
【俊恵さん】:3 人の中で私が一番素人に近くて、いろんなことが初体験状態。緊張しましたが、こんなに喋ったの初めてっていうぐらい、たくさん喋らせていただきました。
【香音さん】:パパとママと一緒にできたので、すごく楽しかったです。
【真さん】:ウチの家族で一番お芝居が安定していたのは娘ですから(笑)。
【俊恵さん】:台詞を忘れた時、全部(娘が)教えてくれたので本当に助かりました。


――白戸家のCM について、どのような印象をお持ちですか?
【真さん】:昭和の懐かしさを感じますね。家長がしっかりしているんだけど、徐々にお母さんの力が強まる。CM で空回りしているお父さんの姿を見ると、なんだか自分の家庭を思い出します。


――最初にオファーがあった時はいかがでしたか?
【真さん】:いや、もうびっくりでしたね。自分の家に白戸家が来るなんて。
【俊恵さん】:思わず聞き直しました。なに? なに?って。


――普段、家の中での真さんはどんなお父さんですか?
【香音さん】:すごく優しくて、面白いけど、いろいろダメなことをやっちゃって、いつもママに怒られています。たとえば、お家でダラダラしていて、約束の時間に遅刻したり、携帯やお財布を忘れちゃって、いろんなところに取りに行って無駄な時間を過ごしたり。他にもいろいろあります。
【真さん】:娘も小さいママみたいなもので、二人から攻撃を受けるから参っちゃいますよね。

――野々村家の家訓があれば教えてください。
【真さん】:「ママの指示は絶対」ですかね。それさえ聞いていれば、丸く収まるというね。
【俊恵さん】:お休みの日にどこへ行きたいとか、みんなで決めなくちゃいけないことは、いつも多数決を取るんですよ。でも、だいたい私が、「これにしましょう!」って決めちゃうかな(笑)。


――いま10 万円をもらえるとしたら何に使いますか?
【俊恵さん】:まず、家族会議が始まりますね。この10 万円は何に使おうって、みんなの意見を聞いて、「じゃあ旅行に行こう」って最終的に私が決めそうですけれども(笑)。
【真さん】:僕は仕事であまり家にいれない分、家族でどこか旅行に行きたいですね。たとえば、家族でスキーとか行ったことがないので、スキーに行って、家族一緒に温泉に入ってとか。
【俊恵さん】:旅行に関しては大賛成ですが、スキーはやめて、温泉に行きたいって感じですかね。
【香音さん】:私はテーマパークでいろんなアトラクションに乗って、いっぱい遊びたいです。


――50 歳を迎える2014 年の目標は?
【真さん】:最近徐々に疲れというか、体力的な衰えを感じているので、体を鍛えておきたいなと。最近はマラソンなんかもチャレンジしていますし、娘が芸能界に入ってきたので、ライバルと認めてもらえるかどうか分からないですけど、まだまだ自分も負けてられないという気持ちです。
【俊恵さん】:私の50 年間は、割と怠け者で過ごしてきたような気がするというか。今年はノロマなカメでもなんでも構わないので、動き始めて、体力作りを始めようかなと思っています。
【香音さん】:いろいろなことにチャレンジしたいですね。お勉強はもちろん、お芝居も歌も音楽もモデルさんも、いろいろ頑張りたいなと思います。
【真さん】:娘のコメントが一番しっかりしているでしょ。これからも夫婦仲良く歩んでいかないといけないので、今年は趣味も共有していきたいと思います。とりあえず一緒に走らせようと。
【俊恵さん】:まずは散歩から。
【真さん】:ねっ、こうやって結局走らなくなっちゃうんですよ(笑)。夫婦の形は変わりませんけど、とにかく家族仲良く、健康に気をつけて頑張っていきたいと思います。

■「ふなっしー」インタビュー
――CM 撮影はいかがでしたか?
「いやー、疲れちゃったなっしー。カラダ中がバキバキなっしー。帰ったら梨マッサージしないと、ちょっとヤバイなっしー。梨汁を補給したいところなっしー」。

――白戸家シリーズのCM の印象は?
「白戸家さんのCM って、昔はツッコミどころが多かったなっしー。でも、回を重ねる毎に、すごく自然になってきて、なんの疑問も抱かなくなってきたなっしー。これこそファンタジーなっしー。ふなっしーもファンタジーの端くれなっしー」。

――白戸家のCM に出演した感想は?
「いつも、その時代の人気芸能人やスターの皆さんが出ているなっしー。そういうCM に、まさか梨が加わるなんて……、あっ、もしかして白戸家のCM に果物が出るって初めてなっしー。間違いなく、初フルーツなっしー。嬉しいなっしー。光栄なっしー。梨汁ブシャー!」

――ふなっしーのニセモノも出てくるほどすごい人気ぶりですが、どう思いますか?
「去年もハロウィンとか年末に、ふなっしーのニセモノが街角に溢れていたなっしー。テレビとかでも、ちょいちょいふなっしーのニセモノが出てきて、まさかCM でニセモノと共演できるなんて思ってなかったなっしー。ま、これも人気のバロメーターかなと思って、喜んじゃうなっしー」。

――野々村真さんが演じた「ニセふなっしー」を見た感想は?
「意外にクオリティーが高くてびっくりしたなっしー。作った制作会社を教えてくれなっしー。もしかしたらそのうち発注するかもしれないなっしー……って、発注とか言うなっしー!」。

――ちなみに、今回は家族がテーマのCM ですが、ふなっしーさんに家族はいますか?
「ふなっしーは274 体の分身がいるなっしー。梨の妖精界に行くと、みんな仲良く暮らしているなっしー。なしいち、なしじろう、なしさぶろう、そして、ふなっしーの順番なっしー」。

――ずばり、結婚のご予定は?
「梨の妖精は男女がないなっしー。果実なっしー」。

――2 月オンエアのCM ということで、バレンタインの季節ですが、何か予定はありますか?
「さっきスケジュールを見たら、営業が入っていたなっしー。頑張るなっしー。去年もイベントの時、チョコレートをいただいたなっしー。おいしくいただいたなっしー。ありがとなっしー。今年もたくさんもらっちゃうなっしー」。

■出演者プロフィール
【上戸彩】
1985 年9 月14 日生まれ、東京都出身

【樋口可南子】
1958 年12 月13 日生まれ、新潟県出身

【ダンテ・カーヴァー】
1977 年1 月17 日生まれ、米・ニューヨーク出身


■CM 概要
タイトル : 『野々村家』篇(各15 秒・30 秒)
出演 : 上戸彩/樋口可南子/ダンテ・カーヴァー/お父さん
野々村一家(真、俊恵、香音)/ふなっしー
放映開始日 : 『野々村家』篇=2014 年2 月5 日(水)
放映地域 : 全国


■制作スタッフ
CD : 佐々木宏
PL : 澤本嘉光
EP : 俊成和作
Pr : 小佐野保/兼平真樹/鈴木康生
PM : 西沢陽子
D : 森ガキ侑大
撮影: 蔦井孝洋
照明: 疋田ヨシタケ
美術: 原田恭明
スタイリスト: 原朱美(上戸彩)、佐伯敦子(樋口可南子)、増井芳江
(ダンテ、サブキャスト)、小山よし子(野々村一家)
ヘアメイク: 中谷圭子(上戸彩)、高野雅子(樋口可南子)、
橋本申二(ダンテ、サブキャスト)、
片岡順子(野々村真)、樋口恵子(野々村俊恵.香音)

<ご参考>
ソフトバンクモバイル株式会社は、2 月14 日(金)より、家族でソフトバンクのお店に来ると親子丼がもらえる「親子でドーンとお得キャンペーン」を開始いたします。また、このキャンペーンを告知する新CM『親子喧嘩』篇(15 秒・30 秒)を同日より全国でオンエア開始いたします。


■TV-CM について
2 月14 日からスタートする「親子でドーンとお得キャンペーン」をPR するCM『親子喧嘩』篇では、お父さんが楽しみにしていたおやつの「信玄餅」を巡って、ダンテさんとの親子喧嘩が勃発。「しつこいな、ジジイ!」「お前とはもう親子の縁を切る!」などと激しく怒鳴り合う2 人でしたが、ソフトバンクショップで展開する、家族向けの本キャンペーンの存在により、白戸家の危機が回避されるシーンがユーモアたっぷりに描かれます。


■CM ストーリー
『親子喧嘩』篇(30 秒)
白戸家のリビングにて。お父さんが「おい、俺の信玄餅知らないか?」とお母さんに尋ねます。
「知らないわ」。すると、今度はソファーのお兄ちゃんに「お前が食べただろ」と疑いの目を向けます。
「知りません」と否定するお兄ちゃんですが、よく見ると口の周りにきな粉らしきものが。「食べただろ!」「食べてません!」「ウソを言うな」と言い合いが始まり、その勢いで手元にあった信玄餅が床に落ちてしまいます。そのまま家を出ていこうとするお兄ちゃんを追いかけながら、「顔に食べたって書いてある」「聞いてるのか」と、なおも問い詰めるお父さん。「食べてないって」「白状しろ」「しつこいな、じじい」「親に向かって言う言葉か!」と、ますます親子喧嘩が白熱します。無意識に出た英語で、「あなたはもうお父さんなんかじゃない!」と怒鳴り返すと、お父さんも売り言葉に買い言葉といった感じで、「お前とはもう親子の縁を切る」と発言。「出てけ!」「あー出てくよ!」と、両者とも怒りが収まりません。ところが、次の瞬間、「待て!」と引き止めるお父さん。「親子丼もらってからにしよう」と提案するお父さんに、お兄ちゃんも「うん!」と同意します。さっそくソフトバンクショップに出掛け、「親子ドーン」をもらう二人。ここで、「いま、ソフトバンクのお店に親子で行くと、親子ドーンもらえます」というナレーションをバックに、鶏の仮装をしたお兄ちゃんと卵から出てくるお父さんのユニークなツーショットが入ります。

■出演者プロフィール
【上戸彩】
1985 年9 月14 日生まれ、東京都出身

【樋口可南子】
1958 年12 月13 日生まれ、新潟県出身

【ダンテ・カーヴァー】
1977 年1 月17 日生まれ、米・ニューヨーク出身


■CM 概要
タイトル : 『親子喧嘩』篇(各15 秒・30 秒)
出演 : 上戸彩/樋口可南子/ダンテ・カーヴァー/お父さん
放映開始日 : 2014 年2 月14 日(金)
放映地域 : 全国


■制作スタッフ
CD : 佐々木宏
PL : 澤本嘉光
EP : 俊成和作
Pr : 小佐野保/兼平真樹/鈴木康生
PM : 西沢陽子
D : 森ガキ侑大
撮影: 蔦井孝洋
照明: 疋田ヨシタケ
美術: 原田恭明
スタイリスト: 原朱美(上戸彩)、佐伯敦子(樋口可南子)、増井芳江
(ダンテ、サブキャスト)、小山よし子(野々村一家)
ヘアメイク: 中谷圭子(上戸彩)、高野雅子(樋口可南子)、
橋本申二(ダンテ、サブキャスト)、
片岡順子(野々村真)、樋口恵子(野々村俊恵.香音)

 


タグ: , , , , , , , , ,

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト © 2016 All Rights Reserved

日本最大級のCMポータルサイト