CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト

ヒット商品「ドアモニ」の新商品CMに「笑ゥせぇるすまん」! のぞき穴から「ドーン」と登場、ゆるみがちな“ココロのスキマ”を指摘 チャイムに不安を感じる女性は6割に上ることも判明


パナソニック株式会社は、玄関先の様子を室内のモニター親機で確認するホームセーフティー商品「ドアモニ」シリーズの新商品のCMキャラクターに、漫画やアニメで大ヒットした「笑ゥせぇるすまん」の主人公「喪黒福造(もぐろふくぞう)」を起用。2014年2月21日(金)から新CMを放映します。また放映に先駆け、本日1月16日(木)から特設サイト(http://panasonic.jp/doormoni/sp/)でCM動画を先行配信します。

CM_喪黒福造独特の「ホーホッホッホ」という笑い声

CMコンセプトは現代の日常にありがちな「ピンポーンに、ドキッとすること、ありませんか?」。漫画やアニメと同じ黒ずくめのセールスマン、喪黒福造が“ドキッ”とする来訪者として、玄関やドアののぞき穴から “ドーン”と勢いよく現れます。来訪者をのぞき穴で確認する家人に対して「今あなた、ドキドキしながら、のぞき穴を覗いているでしょ」と、心理を暴きます。
現代人の真相心理に迫る喪黒福造の独特のキャラクターを活かした内容で、“ココロのスキマ”を埋める喪黒福造が、CMではホームセーフティー対策の“ココロのスキマ(=不注意)”を指摘します。

新商品は2種類(品番VL-SDM110、VL-SDM210)で、来訪者を確認する液晶モニターの画像処理能力を向上させたほか、縦型のデザインを新たに追加し、お客様の設置場所や好みに合わせて選べるようにしました。

「ドアモニ」シリーズは2011年11月の発売当初から計画の1.75倍のペースで売れ、約1年半で累計15万台を突破したヒット商品です。工事が必要な一般的なインターホンとは異なり、カメラ部分を玄関のドアに掛けて留めるだけの手軽さも好調の要因の一つです。マンションはドアが共用部分にあたり工事ができないため、そうした集合住宅の方に特におすすめです。

新商品展開にあたり、玄関周りの防犯意識について調査※1したところ、20代と30代および独身女性の約6割が、チャイムが鳴ると「誰が来たか不安」(56~58%)と来訪者に不信感を抱くようで、玄関先を確認できるドアモニは不安払しょくにもつながる商品と言え、防犯意識の高まりを追い風に今後も需要が期待できます。            
※1:2013年11にインターネットで男女500人を対象に実施


玄関越しに迫る危険に注意
空き巣が留守を確認する方法は「インターホンで呼ぶ」が約46%※2で最も多く、マンション狙いの強盗犯の侵入口も「表出入口」からが約75%※3と、常日頃から玄関先を見守ることが大切です。特に新生活シーズンの始まる4月に向け引っ越しも多く、玄関周りの防犯対策にも心を配る必要があります。
※2:平成15年 (財)都市防犯研究センター JUSRIリポートから  ※3:平成24年 警視庁 犯罪統計書から

CM_家人がのぞき穴から訪問者を確認

ピンポーンに女性の約6割が「不安」
当社は今回の新商品を展開するにあたり2013年11月、玄関周りの防犯意識調査を実施したところ、20代と30代および独身女性の防犯意識は高く、高齢者ほど低いことが分かりました。
20代と30代および独身女性の約6割は、チャイムが鳴ると「誰が来たか不安」(56~58%)と感じ、ドアホンなどで訪問者を確認してから玄関を開けており、特に30代女性は88%が確認しています。

警察庁のまとめる「犯罪情勢」によると、女性の被害件数はここ数年減少傾向にあるも36万3534件(平成24年)と被害件数全体の33%を占めます。またほとんどの罪種や手口の認知件数が減少している中、強制わいせつ、公然わいせつなどの風俗犯が増加しており、こうしたことから若い女性の防犯意識が高くなっているのではと推測されます。

調査はマーケティング会社㈱ネオマーケティングに依頼し、2013年11月1日(金)~2013年11月6日(水)にかけインターネット上で、全国20~60代以上の男女500人の有効回答を得ています。

CM_喪黒福造がのぞき穴から登場

ドアホン利用者9割が「必須商品」と回答
調査では、ドアホン(モニター付きのインターホン)の利用状況や購買意欲についても質問。ドアホンの利用状況は47%で、使用者の90%が「ドアホンは必須」と感じています。一方、利用していない人で購買意欲もない方は「工事が面倒(35%)」「価格が高い(47%)」を理由にしていることが分かりました。今回の当社新商品は、機能を制限した低価格帯商品の性能向上とラインナップ強化で、不要派にも理にかなった商品です。   
※弊社商品の「ドアホン」「ドアモニ」は犯罪を直接的に抑止する「防犯商品」ではありません

玄関越しに、笑ゥせぇるすまん「喪黒福造」がいたらドキッとする人7割
また、「あなたの自宅のピンポンが鳴り、ドアホンやのぞき穴に、『笑ゥせぇるすまん』の『喪黒福造』が出たら、どのようなリアクションを取ると思いますか?」との質問も設定。「怖いけど嬉しい(見てみたい)」が34.4%で「怖いので嫌だ(見たくない)」が36.6%を占め、双方で約7割(71%)となりました。一瞬怖くて思わずドキッとさせ、注意を促すキャラクターとして喪黒福造は適役と言えます。

CM_喪黒福造の顔がのぞき穴にアップ

「笑ゥせぇるすまん」について
漫画「笑ゥせぇるすまん」は人間の欲深さを諷刺した、藤子不二雄の代表作の一つです。
洗練された独特のブラックユーモアが、現代人の深層心理に迫り、圧倒的支持を受けています。
主人公は黒ずくめのセールスマン「喪黒福造(もぐろふくぞう)」。“❤ココロのスキマ…お埋めします”を名刺の肩書にする謎のセールスマンである彼が、ブラックユーモアたっぷりに人間の本性を暴いていきます。喪黒本人も「ただのセールスマンじゃございません。私の取り扱う品物はココロ、人間のココロでございます。ホーホッホッ…」と不気味に笑うように、ココロのさみしい人の夢や願望をかなえます。ただ、欲にまみれて喪黒と交した約束を破ってしまうと…「ドーーーン!」のセリフとともに待ち受けるのは…。
当社は「ドアモニ」に先駆け、「テレビドアホン“家じゅうどこでもドアホン”」の新CMのキャラクターにも「笑ゥせぇるすまん」を起用。2013年11月下旬から同商品のCM放送を開始しています。


タグ: , , , , , ,

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト © 2016 All Rights Reserved

日本最大級のCMポータルサイト