CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト

- 結婚間近のほのぼのカップルを、CM初共演の二人が好演! - 2015(平成27)年用年賀はがきの“顔”は、 ハライチ・澤部佑さん、波瑠さんに決定! 澤部さん、プロポーズOKに感極まる!? 新TV-CM「ちゃんと年賀状・その1(決意)」篇 10 月30 日(木)から全国オンエア開始


日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長髙橋亨)は、
「2015(平成27)年用お年玉付年賀はがき」のイメージキャラクターに、
お笑いコンビ「ハライチ」の澤部佑さん、女優の波瑠さんを起用し、
新TV-CM「ちゃんと年賀状・その1(決意)」篇(15 秒・30 秒)を、
2014年10月30 日(木)から全国でオンエア開始いたします。

郵政9
郵政10
郵政16



■TV-CM について

10 月30 日(木)に販売開始となる「2015 年用お年玉付年賀はがき」の
新TV-CM「ちゃんと年賀状・その1(決意)」篇の舞台は、夕食時の、とあるアパートの一室。


付き合っている彼女がプロポーズをOK してくれたことをきっかけに、
これからは一人の大人として“ちゃんとする”と決意した一人の青年が、
「年賀状もちゃんと書く!」と宣言する様子を、誰もが共感を抱くほのぼのとした世界観とともに表現しました。

プロポーズ成功にすっかり感極まってしまう、お調子者だけど、どこか憎めないピュアな青年を演じるのは、
お笑いコンビ「ハライチ」のツッコミ担当として、明るく親しみやすいキャラクターで人気の澤部佑さん。
そんな彼氏を温かく見守る、しっかり者の女性を、
透明感のある凛とした美しさが印象的な、2015 年に年女を迎える女優の波瑠さんが演じます。
感極まる難しいお芝居を、母性本能をくすぐるような表現力で演技した澤部さん、
「長生きしてね…」と微笑み、全てを包み込むかのような優しい表情の波瑠さん、
そして、澤部さんと波瑠さん演じる若いカップルの思わずほっこりしてしまう微笑ましいやり取りなど、見どころ満載の本CM。
これが初共演とは思えないほど、息ぴったりの軽妙な掛け合いが展開されるストーリーを通じて、
「ちゃんと、年賀状。ちゃんと、大人。」というメッセージと
「2015 年用お年玉付年賀はがき」販売開始のニュースを訴求していきます。

■CM ストーリー(30 秒)
とあるアパートにて。澤部さんの部屋に遊びに来ていた波瑠さんが、
夕食の用意をしながら「ねえ、この前の話だけど…」と話しかけます。
寝転んで漫画を読んでいる澤部さんは「…うん」と生返事。

郵政3郵政4










「…いいよ」、「いいって何が…?」と二人の会話が噛み合いません。
しびれを切らした波瑠さんが「…結婚っ!」と力強く言うと、「えーっ…」とびっくりする澤部さん。
そのびっくりに、波瑠さんも「えーっ(って)…」とびっくりします。「…いいの?」と半信半疑な澤部さんに、
「長生きしてね…」と微笑む波瑠さん。

郵政5郵政8








感極まった澤部さんが俯くと、波瑠さんがいたずらっぽく「泣いてんの?」と訊ねます。

郵政11郵政13









「○▼※△☆」と意味不明な言葉を吐く澤部さんに、「ぜんぜんわかんない」と突っ込む波瑠さん。
すると、澤部さんは突然顔を上げ、「オレ、これからちゃんとするっ!」と宣言します。
そこへテレビから「年賀はがき、販売開始です」というニュースが流れてきて、
「年賀状も書くっ!」と再び決意の言葉を述べる澤部さん。

郵政15郵政14








「何それ?」と突っ込む波瑠さんと、「ちゃんと書くっ!」と決意する澤部さんの姿に、
「ちゃんと、年賀状。ちゃんと、大人。」というタイトルとナレーションが重なります。

郵政12郵政①








■撮影エピソード

◇初共演の緊張をほぐした思わぬハプニング

澤部さんと波瑠さんは初共演ながら、ともにリラックスした表情でスタジオ入りしましたが、
これには実は少し理由が。
「スタジオに入る直前、波瑠さんが、そんな段差で誰も転ばないだろうってところで、
物凄いこけ方をして」と明かした澤部さん。
「ホント笑ってごまかせないようなこけ方をしちゃって」と苦笑いを浮かべた波瑠さんを、
「きっと僕が緊張しているのに気付いて、わざとやってくれたんでしょうね。
幸い大事には至らなかったし、お陰で緊張がほぐれました」とフォローし、
さっそく現場に和やかな空気を運んでいました。

◇二人の雰囲気が醸し出す幸福な空気感

最初の方こそ、多少ぎこちなさがあったものの、テイクを重ねる毎にどんどん馴染んできて、
ついにはスタッフの間から、「この二人なら、ホントに結婚してもおかしくないね」という声が聞こえてくるほど、
なんとも言えない自然な関係ができ上がっていました。

休憩中は同じテーブルでスタッフとともに談笑し、
座りっぱなしの撮影が長く続いた後には、同じタイミングでストレッチをして、
「あ~、気持ちいい~!」と、体をほぐしていた澤部さんと波瑠さん。
オフの時間も気さくにコミュニケーションを交わす二人の関係が、
本番でも、結婚間近のカップルという幸せな空気感を醸し出すのに役立っていました。

◇波瑠さんの母性本能をくすぐる澤部さんの名演技!?

撮影中、波瑠さんが驚いていたのが、監督の演技指導に対する澤部さんの理解力の速さと、
それを即座に次の本番で反映してみせる演技力の高さ。
中でも、プロポーズに感極まるシーンでは見事な“泣き”のお芝居を披露した直後、
母性本能をくすぐられた(?)波瑠さんが、涙を拭いている澤部さんの姿を見て、
「何だかもう、守ってあげたくなるような雰囲気が」と、
愛おしそうに微笑む場面もありました。

◇誰もが癒される凛とした女性を好演!

監督曰く、「凛とした感じの、一本芯が通った女性だけど、
時々ドS なところも顔を出す毒舌家」というキャラクターを演じた波瑠さん。
感極まって意味不明な言葉を吐く澤部さんに、
「ぜんぜんわかんない」と鋭く突っ込む場面がありますが、それはあくまでも役どころということで、
本番中は澤部さんとの愉快な掛け合いに笑いをこらえるのが大変だったらしく、
カットが掛かる度に毎回、手で口を押さえてにっこり微笑んでいました。

そんな波瑠さんを「とにかく一緒にいるだけで癒されるし、ダメな男を引っ張ってくれる理想の女性ですよね」
と評した澤部さん。
その言葉に、周りにいた男性スタッフが一斉に頷いていました。

◇実生活でのプロポーズを思い出して役作り

実生活で昨年12 月に結婚し、今年5 月にパパとなった澤部さん。
「近いものがありましたね」と語る、波瑠さんからプロポーズの返事を受けるシーンでは、
当時を思い出しながら役作りをされたのだとか。
「今回の撮影のように涙は流していないですけど、うるうるっとはしていたかもしれません」と澤部さん自身、
照れ笑いを浮かべながら、感動的なエピソードを披露していました。

■澤部佑さん&波瑠さんインタビュー

――年賀状のCM キャラクターに選ばれた感想は?

【澤部さん】「おかしな話なんですけど、最初はドッキリかなと思いました。
年賀状のCM といえば、その年の顔のような凄い方が毎年出演されているわけですからね。
でも、波瑠さんと朝、おはようございますって挨拶した時、あっ、ホントにいるなと。
その辺りからドッキリじゃないと気付きました。
なかなか驚愕でしたけど、何とか責任を果たせたんじゃないかと思っています」。

【波瑠さん】「年の初めの挨拶として誰もが書き、
いろんな人からもらう年賀状のキャラクターっていうのはすごく嬉しいです。
私も2015 年が年女なので、すごくタイミングがいいなと思いました」。

――CM 撮影はいかがでしたか?

【澤部さん】「もう盛り上がりましたよ~。こんなに盛り上がるんですかってぐらい、
二人ともテンションが上がっちゃって、今度一緒に遊園地行こうかなんて話も…」

【波瑠さん】「してないですね(笑)」。

【澤部さん】「まったくしませんでしたけど、はい…」。

【波瑠さん】「こういう日常を切り取ったような生活感のあるCM って面白いなと思いました」。

【澤部さん】「こんなにキレイな女性から、プロポーズをOK してもらえるなんて、
もう夢のような撮影でしたよ。その流れで、やっぱり大人として、ちゃんと年賀状を書こうって気持ちになりました」。

――共演されてお互いの印象はいかがですか?

【波瑠さん】「一番最初に思ったのは、お笑いの方ってすごく器用だなと。
お芝居の仕事は、私が普段やっていることなのに、監督からの注文とか、
すごい微妙なことも的確に反応して、次のお芝居をしているので、あっ、凄いなと思いました」。

【澤部さん】「ホントですか? ありがとうございます。それは嬉しいですね。
女優さんに言っていただけるんですから。
波瑠さんは、一緒にお芝居をしている時、ちょっと目が合うだけで吸い込まれていってしまう、
不思議な透明感がありました。
今まで出会ったことのない空気感を持った女性というか。
本番中も何度か吸い込まれそうになって、その度にカーペットを握りしめて耐えました」。

――今年はどんな年賀状を、どなたに書かれますか?

【波瑠さん】「やっぱり地元の同級生とか、高校生の時に仲良くしていた友達でしょうか。
普段LINEや携帯とかで連絡を取り合っていますが、改めてちゃんと字を書いて送りたいなと思います」。

【澤部さん】「今年子どもが生まれたので、嫁と今、年賀状に子どもの写真を入れようかという話をしています。
地元の友達とか、結婚してない友達に送って、幸せですよ自慢をする。
こういうのも年賀状の楽しみのひとつですよね。
今あいつ、こんな幸せなんだ、こういう状況なんだって分かったりしますから。
そういう友達や、もちろん仕事でお世話になった方に、
澤部は今、皆さんのお陰でこんなに幸せですよという、感謝の思いを込めて送りたいと思います」。

――今まで一番印象に残っている年賀状はどんな年賀状ですか?

【波瑠さん】「私の実家で、スタンプを押したり、手書きの絵をパシャって印刷できたりする機械を持っていたので、
年賀状はいつも家族と手作りしていました。
最近は使ってないですけど、すごく楽しかった思い出のひとつです」。

【澤部さん】「ちっちゃい頃から毎年、うちのお母さんの職場の女性から年賀状が送られてくるんですよ。
会ったことないんですよ、そのおばさんには。
でも毎年、僕の誕生日にも靴下とかくれるんです。
そんなに深い関係ではないけど、その人から年賀状が来ると、あっ元気でやってんだ、今年も
靴下もらえるかなって、毎年お正月になると思い出すみたいな。そういうのもいいですよね」。

――今回のCM のキャッチコピーに「ちゃんと、年賀状。ちゃんと、大人。」とありますが、どんな時
「ちゃんと、大人。」になったと感じますか?

【澤部さん】「子どもが生まれた時は、大人だなと思いましたよね。おむつを替えたり、
お風呂に入れたり。あとは普段の生活だと、お店の人に『領収書ください』って言う時ですかね」。

【波瑠さん】「それ、わかります。大事ですよね」。

【澤部さん】「知らない間に領収書を集めていて、ハッ、大人になってるって思う時があります」。

【波瑠さん】「お酒が飲める二十歳になった時、大人の仲間入りをしたなと思いましたが、
年を重ねるにつれて、最近は翌日の仕事や体調のことを考えて、
お酒の席でもお酒を飲まないことがあります。
それでも、ちゃんと楽しめている時は、自分も大人になったかなと思います」。

――今年を振り返ってみて、どんな一年でしたか?

【澤部さん】「結婚して、子どもが生まれて、お陰様でお仕事もいろいろやらせていただき、
そして年末年始にかけて、年賀状のCM にまで出させていただいて。
澤部パーフェクトイヤーと名付けてもいいんじゃないかと思うぐらい、
皆さんのおかげで非常に充実した一年になったと思います」。

【波瑠さん】「すごくありがたいことに、忙しくさせていただいた一年でした。
その中で、自分が人に見られる仕事をしていることを改めて認識したというか。
外で声をかけてもらう機会も多くなって、私は一歩外に出たら仕事をしていると思わなきゃいけない人間なんだなって。
いろいろ勉強になった一年でしたね」。

――来年の抱負をお願いします。

【波瑠さん】「自分の幅を広げるという意味でも、伸び伸びと表現を楽しめるお仕事をしていきたいと思います」。

【澤部さん】「年賀状のCM に出させていただいてますから、
その名に恥じぬ仕事を2015 年も続けていきたいですね。
そして、娘を嫁に行かすまでは、とにかく食わせなきゃいけない、なんでもいいから、
とにかく銭を稼ぐという気持ちで、貪欲に仕事をしていこうと思います。
目指せ、育児チャンピオン。そして、近いうちにベストファーザー賞を獲る。
長期計画ですけどね」。

■出演者プロフィール
◇澤部佑<さわべゆう>
1986 年5 月19 日生まれ、埼玉県出身

■CM 概要
タイトル : 2015 年用お年玉付年賀はがきTV-CM「ちゃんと年賀状・その1(決意)」篇
(15 秒・30 秒)
出演 : 澤部佑、波瑠
放映開始日: 2014 年10 月30 日(木)
放送地域: 全国


タグ: , , , , , ,

CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト © 2018 All Rights Reserved

日本最大級のCMポータルサイト