CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト

美しい“泡”着物としなやかなアクションにうっとり! 杏さんが「泡の化身」の演技に初挑戦!? 『澪・誕生』篇(15秒) 2013年10月1日(火)≪日本酒の日≫から全国でオンエア開始


宝酒造株式会社は、松竹梅白壁蔵「澪」スパークリング清酒の販売ルートを拡大し、9月17日(火)より全国で好評発売中です。それにともない、同商品のイメージキャラクターを務める女優の杏さんを起用した新TV-CM 『澪・誕生』篇(15秒)を、2013 年10月1日(火)から全国でオンエア開始します。

【澪CM】メイン画像

■松竹梅白壁蔵「澪」スパークリング清酒について                                 
 “松竹梅白壁蔵「澪」スパークリング清酒”は、アルコール分5%のスパークリング清酒で、米と米麹に由来するほのかな甘さと爽やかな泡立ちが楽しめます。2011年6月より飲食店、百貨店および通販ルート限定で発売し、女性やこれまで清酒に馴染みのなかった20代や30代の方を中心に、幅広い層のお客様からご好評をいただいています。また、パーティーや結婚式での乾杯、女子会などへの手土産・贈り物としてご利用いただくなど、飲用スタイルやシーンの広がりも見せています。そこで今回、お客様からのご要望にお応えするとともに、さらに多くの方にお楽しみいただくため、本年9月17日(火)より販売ルートを全国に拡大。女優の杏さんを起用したTV-CM「澪・誕生」篇を制作しました。

■TV-CMについて                                           
新CMにおける杏さんの役どころは、“泡の化身”。ボトルカラーをイメージした白とシアンブルーの抽象空間に、突如姿を現した美しい泡の化身・杏さんが、光と泡で構成された世界をしなやかに躍動し、ついにはグラスに注がれた商品そのものに乗り替わるというストーリーを通じて、「澪」の持つやさしい口当たりと心地よい発泡感(炭酸感)を、インパクトたっぷりに表現しました。思わず画面に釘付けになる杏さんの凛とした表情をはじめ、バレリーナを彷彿とさせる繊細かつダイナミックなアクション、最新CG技術を取り入れた泡の衣装など、見どころ満載の本CM。美しく幻想的な映像にご注目ください。

■CMストーリー                                           
白とシアンブルーの幻想的な空間。「澪」のボトルが、ゆっくりと回転しながらフレームアウトしていき、スクリューキャップを開ける音とともに、ボトル後方の光の彼方から泡に包まれた杏さんのシルエットが現れ、無重力の世界へ解き放たれていくような不思議な身体の動きを見せます。やさしい光の中、泡に包まれた杏さんの美しいバストアップ。やわらかな翼のように大きく手を広げた杏さんが、カメラに向かってゆっくり舞い降りていきます。泡に包まれた世界から抜け出すように、杏さんが一瞬にして消え去ると、「澪」がなみなみと注がれたグラスが現れ、「この泡が、ワタシを解き放つ。」というオフナレがインサート。グラスの背景が抽象空間からリアルな空間に少しずつ変化していき、泡のシズルに「お米うまれのほのかな甘み、ほどよい酸味。」というスーパーが重なります。カメラが引いていくと、グラスの隣に「澪」のボトルが現れ、「スパークリング清酒 澪。」というナレーションがインサート。さらにカメラが引いていくと、清涼感のある空間に着物姿の杏さんが現れ、「これが、私の新しい日本酒。」というオフナレをバックに、最後は凛とした表情でグラスを傾けるカットで締め括ります。


■撮影エピソード                                                         
◇幻想的な世界の“泡の化身”を頭の中でしっかりイメージ
スタジオに登場した杏さんは、さっそく監督とともに、テスト映像をチェック。商品ボトルを持ちながら、演技中の目線や動き、表情などを監督と綿密に話し合うと、現実世界には存在しない“泡の化身”とCMの世界観をしっかり頭の中でイメージし、颯爽と本番の舞台に向かいました。
本番では杏さんの動きをスローモーション撮影することで、より味わい深く、印象的に描くため、ハイスピードカメラを使用。カメラがアクションを捉えるのは、わずか一瞬にもかかわらず、杏さんは持ち前の高い集中力と演技力でOKテイクを連発。泡の中での浮遊感を演出するために、彼女の髪の辺りに送風機で風を当てるスタッフとのチームワークもバッチリで、何と当初の予定よりも5時間以上早く、すべてのカットを撮り終えました。

◇ワイヤーアクションはお手のもの!?
 両手を広げて舞い降りるシーンの撮影では、体とロープをつなぐ吊り用ハーネス(安全ベルト)を装着。監督のOKが出るまでの数十分間、その場で吊られたままでの演技を余儀なくされた杏さんですが、激しいワイヤーアクションは、過去にドラマ撮影などで何度も経験しているだけに、お手のものといった様子。不安定な体勢からの着地も、鍛え抜かれた体幹と腹筋・背筋の強さで難なくクリアしていました。また、顔の前わずか40㎝の距離まで時速約7㎞でモーションコントロールカメラが接近する撮影手法にも全く動じないどころか、時折足が浮いた状態で笑顔さえ見せる余裕たっぷりのお芝居を披露し、周囲を驚かせていました。

◇泡や光のゆらめきを演出する仕掛けに興味津々
 杏さんの身体を覆う泡や光のゆらめきは、天井から吊るした直径3mほどの半円形の器に水を張り、スタッフが長い棒でかき混ぜた水面に向かって、通常の照明、または銀紙を間に挟んだ照明をさまざまな角度から当てることで作り出しました。この仕掛けは、監督、カメラマン、照明スタッフがアイデアを出し合って生まれたものですが、今まで見たことのない撮影手法に、好奇心旺盛な杏さんも興味津々。何度も頭上を見上げたり、周りをキョロキョロ見渡して、スタッフや機材の動きに注目していました。ちなみに、最終的なCGの制作期間は約2ヶ月です。


◇艶やかな着物姿と飲みっぷりに視線釘付け!
 グラスに注がれた商品を飲むシーンでは、着物姿で撮影に臨みました。シアンブルーを基調にした着物の柄は、スパークリング清酒の泡が立ち上る様子を表現した「澪」のボトルと同じデザインで、今回のCMのために仕立てた特別な一品。背が高い杏さんが着ると、ますます存在感が増し、その場がパッと華やかな雰囲気に包まれました。日本酒が大好きな杏さんだけに、飲み方や立ち居振る舞いも様になっていて、現場のあちこちから「粋だねぇ~」「色っぽい」という声が。艶やかな杏さんの着物姿に、うっとりのスタッフ一同でした。

■杏さんインタビュー                                                       
――CM撮影の感想は?
泡の化身ということで、ワイヤーに吊られながら撮影するのがとても楽しかったです。以前、人間ではない役を演じた時、ワイヤーで吊られることが多かったのですが、今回は腰の二点吊りということで、漫画で見たことのある立体起動装置みたいな感じだなって思いました。

――「澪」の新CMオンエアの日となる10月1日は「日本酒の日」ですが、
今回のCMの見どころは?
撮影では、泡の中での浮遊感を表現するために、天井から吊るした器にお水を張って、その上から光を当てて、泡のきらめきを再現していました。またワイヤーで吊られていたこともあって、髪の毛や体の動きも独特です。「澪」のシュワシュワっとした感じもしっかり伝わっていて、オシャレでありながら、自分もこういう雰囲気を味わってみたいと感じるようなCMに仕上がっていると思います。
泡と日本酒のイメージがそこまで近いと思えることって、今までなかったと思うので、日本酒のCMをこうした素敵な映像で皆様にお届けできるのはとても嬉しいですね。どういう見方をしてくれるのかなとか、新しく飲んでいろんな感想をいただけるのではないかと楽しみにしています。

――どんなことを考えながら撮影に臨みましたか?
カメラが回っている時間がすごく短いので、その中で表情や動きとか、一遍にいろいろなことを考えながら表現する演技がとても難しかったです。でも、その分、やり甲斐があって楽しかったです。

――澪をイメージした着物を着た感想は?
元々の「澪」のボトル自体がとてもオシャレで、飲み終わったらそのまま取っておきたくなるようなデザインですが、今回の衣装を着て、そういう素敵なデザインはボトルだけではなく、お着物に置き換えた時も映えるんだなって、改めて思いました。

――グラフィック広告用のポスターをご覧になっていかがですか?
撮影の時はポスターのような衣装は身にまとっていなくて、後から付け足してくださったものですが、最終的にこうなったんだって、撮影時との違いを感じました。でも、浮遊感はムービーだけではなく、グラフィックでも表現したいねっていうお話をしていて、高く飛んで着地したり、そういう動きは体の中で表現できたかなと思います。

――グラフィック撮影で苦労したところは?
ムービー撮影と違って、ワイヤーで吊ってないので、自分でジャンプして浮遊感とか泡のシズル感みたいなものを表現しなければいけないところは少し大変だったし、難しかったですね。

――「澪」を飲んだ感想は?
私は元々日本酒が大好きなんですが、「澪」はシュワシュワとした泡の感じが爽やかだし、お米の甘みも感じられるので、これから日本酒を飲もうかなとか、今まであまり飲んだことがないなという友達にも、ぜひ勧めてみたいと思いました。

――日本酒が好きな杏さんでも、「澪」は飲みやすいお酒ですか?
最初の一杯や締めの一杯にぴったりだし、アルコール分も5%と、気軽に飲めるちょうどいい度数だなと思いました。料理に合わせてでも、落ち着いた時にちょっとした気分転換にでも、味も量もちょうどいいなぁと思います。

――どんなシチュエーションで「澪」を楽しんでほしいですか?
ボトルもオシャレで、場所を選ばないお酒だと思うので、たとえばガーデンパーティーとか、普段日本酒をあまり飲まないような場所に持って行ったり、屋外で自然を感じながら冷やして飲んでみたりするのもいいかもしれません。CMが10月からのオンエアということで、ちょうど秋の味覚が出始める頃ですし、いろんな秋の味覚と「澪」の組み合わせを楽しんでほしいですね。

――最近、スパークリング清酒の人気が高まっているようですが、杏さんはどう思いますか?
特に海外の方たちの日本酒に対する思いとかイメージが、どんどん変わっているという風に伺っています。飲みやすいスパークリングの日本酒ということで、これから味わう方がますます増えて、世界中に日本酒を楽しむ輪のようなものが広がっていくのではないでしょうか。

――杏さんの趣味は「酒器集め」だそうですが、集めるきっかけとその魅力とは?
元々古いものが好きで、アンティークの食器屋さんに足を運ぶことが多くて。値段はピンキリですが、酒器だったら比較的手に取りやすいのかなと思って集め出したのがきっかけです。居酒屋でお酒を頼むと、いろんな酒器が入ったカゴが出てきて、好きな酒器を自分で選ぶお店がありますよね。私自身、そのスタイルが大好きで、自分で選ぶこともあれば、友達に選んでもらうこともあります。その時の気分や材質で、お酒の味わいも変わるような気がして、その時々の違いを楽しんだり、今日は何にしようかなって迷う時間が好きですね。

――視聴者の皆さんにメッセージをお願いします
いよいよ「澪」の新CMが出来上がりました。泡に包まれて、とても心地の良い世界観となっております。「澪」も同じく、皆様に楽しんでいただける味になっていると思いますので、ぜひいろんな料理やシチュエーションに合わせて、味わってみてください!


■杏さんプロフィール                                         
出身地: 東京都
生年月日: 1986年4月14日(27歳)
15歳で正統派モデルとしてデビューし、パリコレなど海外のファッションショーでも活躍。07年から女優活動もスタートし、テレビドラマや映画などでの活躍が目覚ましい。13年9月30日(月)スタートのNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」でヒロイン役を演じている。


■CM概要                                              
タイトル  : 松竹梅白壁蔵「澪」  『澪・誕生』篇(15秒)
出演 : 杏
撮影時期    : 2013年8月
撮影場所    : 神奈川県黒澤スタジオ
放映開始日時 : 2013年10月1日(火) 18時
放送地域    : 全国


■制作スタッフ                                             
CD:西田新吾 (株式会社電通関西支社)
PL:河合倫子 (株式会社電通関西支社)
CW:米村大介 (株式会社電通関西支社)
AD:上田崇史 (株式会社電通関西支社)
Cas:花見れい子 (ポケット株式会社)
Pr:阿部洵二郎・山崎智広(株式会社 石原プロモーション)
       程田健司・河辺 文・梅内 匡 (株式会社Tower Film) 
PM:田村祐子 (株式会社Tower Film)
演出:穴見文秀
撮影:田中 創
照明:岸本秀一
美術:植埜 亨
スタイリスト:伊藤佐智子
ヘア:西村浩一
メイク:MICHIRU


タグ: , , , , , ,

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト © 2016 All Rights Reserved

日本最大級のCMポータルサイト