CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト

「本物の鳥になった気持ちで演じました!」 プリッツを食べるあなたに、そっと寄り添うのは…… 小栗旬さんがハッピーを運ぶ青い鳥を熱演!? 「青い鳥」篇 2 月26 日(木)から全国オンエア開始


江崎グリコ株式会社(代表取締役社長:江崎勝久)は、
プリッツの新イメージキャラクターに、俳優の小栗旬さんを起用し、
新TV-CM「青い鳥」篇(15 秒・30 秒)を2 月26 日(木)から全国でオンエア開始いたします。

Cutdata_15s_1.000005★メインカット

■TV-CMについて

新CMのコピーは“ハッピーを、つまもう。”
この言葉には、プリッツをつまむ時間――それは小さいけれど、確かな幸せのひととき。
特別なことや、大きなサプライズがあるわけではないけど、
ひと息ついてほっこりできる大切な瞬間というメッセージが込められています。
小栗さんが演じるのは、小さな幸せの象徴の「青い鳥」。
女性がピアノを弾いたり、プリッツをつまんだりする様子を、
少し離れたところから愛おしそうに見守り、
「指先をちょっとなめる。その仕草、好きです」と囁く小栗さんが、
落ち着いたトーンの世界観とともに描かれます。

Cutdata_30s.000003

青い鳥という今までにない難しい役どころについて、
「鳥っぽさを意識して」演じたという小栗さん。
芯の強さや男性的な魅力を持つ小栗さんのイメージとは正反対の、
優しく透明感のある声や甘く儚げな表情が印象的です。
見ているだけで思わず胸がキュンとする新CMにご注目ください。

■CMストーリー

「青い鳥」篇(30秒)
午後の日差しが射し込むリビングにて。
ピアノ練習を中断し、ひと休みしている女性が、右手でメロディを弾きながら、
ぼんやりとプリッツを食べています。

Cutdata_30s.000001
Cutdata_30s.000002
そして、部屋の奥の窓際のソファーには、くつろいだ小栗さんの姿。
彼女が奏でるピアノのフレーズに引き寄せられて以来、
すっかりお気に入りとなったこの場所で、女性を見つめながら、
「さっき弾いていた曲、あとでもう一回、聴かせてくれませんか?
あの曲、好きなんです」と囁いています。
プリッツを食べた後、指先をなめる女性の仕草を、愛おしそうに見つめる小栗さん。
「プリッツ食べて、指先をちょっとなめる。その仕草も、好きです。ちゅんちゅん」。
鳥らしき声に気付いた女性がソファーの方を向くと、そこにいたのは小栗さんではなく、小さな青い鳥。
かわいらしい鳴き声をあげて、女性をじっと見つめています。

Cutdata_30s.000007

青い鳥に近付く女性の姿に、「ハッピーを、つまもう。プリッツ」というナレーションがインサート。
手に乗せた青い鳥を見つめながら、プリッツを食べる女性の姿に、
プリッツのパッケージが重なります。

■撮影エピソード
◇人生初(?)となる鳥の役は「鳥っぽさを意識して演じました」

小栗さんは監督から「基本的には囁き声ですが、相手に伝えたいという気持ちを大事に」
「ちゅんちゅんという台詞(鳥の鳴き真似)がポイント」との説明を受け、
颯爽とカメラ前にスタンバイしました。
腰掛けたソファーで体を丸めて、ゆっくりと気配を消していった小栗さん。
撮影後に明かした「鳥っぽさを意識して演じました」という言葉通り、
静かに一点を見つめて役に集中し、本番態勢を整えました。

◇小栗さんの魅惑的なお芝居に誰もがうっとり

小栗さんの繊細な演技を撮り漏らさないよう、当日は最初のお芝居から、テスト本番でカメラを回しました。
小栗さんの醸し出す魅惑的な雰囲気と胸に染み渡るやさしい独白に、
スタジオ中の視線が釘付けとなったファーストテイクの直後、
監督は「ヤバイね…」と言ったきり、しばし絶句。
続いて、「ムチャクチャ良いCMになる気がします」との確信に満ちた言葉が飛び出し、
スタッフ一同ホッと胸を撫で下ろすと、
小栗さんも「アハハハ」と満面の笑顔を見せていました。

【プリッツ】メイキング②

◇監督もその場でファンになった抜群の演技力

「穏やかな雰囲気の中で、緊張感を持って撮影に集中することができました」という小栗さん。
独り言とはいえ、聞こえすぎてもいけないし、聞こえないのもいけない、
という非常に微妙なニュアンスが求められました。

また、決められた秒数内に気持ちよくおさまる尺で台詞を喋っていただくことも重要でしたが、
どの場面においても小栗さんは、台詞回しや間の取り方、表情を微妙に変化させて、
監督のさまざまなリクエストに対応。

【プリッツ】メイキング①

次々とOKの山を築くと、その演技に惚れ込んだ監督が
「俺、ファンになっちゃった…今度小栗さんの出る作品があったら、絶対見に行きます!」と語りかけました。
すると、小栗さんは「じゃあ、今度新しいドラマが始まるのでぜひ(笑)」とニッコリ。
現場はすっかり和やかな空気に包まれました。

◇制作スタッフのこだわりが凝縮された撮影

小栗さんのセリフのニュアンス、青い鳥を見つけた時の彼女の一瞬の表情の変化、
15秒という短い秒数の中で、プリッツを食べている幸せな時間を、
いかにゆったりと感じさせられるか、などにこだわった今回の撮影。
特に、小栗さんのアップのシーンでは、メインのカメラとは別に、
カメラマンの私物のボレックスカメラを使用することで、
古いカメラにしか出せない柔らかいタッチの映像を演出しました。

◇青い鳥を印象付ける斬新な衣装と映像を引き立てるオリジナル楽曲

青い鳥であることを印象づける小栗さんの衣装。
コスプレのようになったり、妙な違和感を与えるものになったりしないよう、
工夫を凝らしたスタッフの皆さんのお陰で、
リアルとファンタジーをつなぐ重要な役割を持つ今回の衣装が完成しました。
また、CMの印象を大きく変える音楽は、映像の持つやさしい空気感に、
プリッツの持つ軽やかさと、
ストーリーの不思議さを混ぜ合わせた楽曲をオリジナルで制作しました。

■プロフィール
小栗 旬 <Syun Oguri>
1982年12月26日生まれ/東京都出身/O型
1998年ドラマ「GTO」で初レギュラー出演。
「花より男子」「クローズZERO」などで人気を博し、2008年にはエランドール賞を受賞。
その後もドラマ、映画、舞台等、数多くの作品に出演、その高い演技力が評価されている。
また2010年には映画『シュアリー・サムデイ』で監督を務め、
俳優業以外にも活動の場を拡げた。
現在、TBS系ドラマ「ウロボロス」にも出演中。

■CM概要
タイトル
江崎グリコ プリッツ 新TV-CM
「青い鳥」篇(15秒/30秒)
出 演 小栗旬
撮影時期 2015年1月
撮影場所 角川大映スタジオ
放映開始日 2015年2月26日(木)
制作スタッフ
CD 齋藤太郎
CD/PL 赤松隆一郎
PL 橋本烈
CW 橋口幸生
AD 宮下良介
CP 小川愛世
CP 畑間晶太
演出 牧鉄馬
撮影 半沢健
照明 加藤正夫
美術 山村一智
スタイリスト 白山春久
ヘアメイク 酒井啓介
プロデューサー 吾郷マキ
プロデューサー 北原祐二
PM 米田篤
PM 小澤友理花


■製品について
 
プリッツ<サラダ> 
こだわりの製法で外をパリッ、中をサクッと焼き上げました。あっさり塩味です。

プリッツ<ロースト> 
ミルクが香る生地に、たっぷりとつぶつぶシュガーをコーティングしたので、
甘く香ばしい新たな味わいを楽しめます。

トマトプリッツプリッツ 
こだわりの製法で外をパリッ、中をサクッと焼き上げました。
トマトと野菜の旨みが楽しめます。

プリッツ<ナッツ&シュガー>
クッキーのようなホロホロと軽い食感とアーモンドの香ばしいおいしさが楽しめます。

プリッツ<醤油たれ>
米粉を主原料に、醤油たれを染み込ませて焼き上げました。
おせんべいのような香ばしい風味とカリカリとした心地よい食感を実現しました。

プリッツ<サラダ>9袋
トマトプリッツ9袋
・小分けされているのでちょっと食べたいシーンにぴったりです。
・お子様のおやつに、お父さんのおつまみになど、
家族で分け食べするのにぴったりなホームユースタイプです。



タグ: , , , ,

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト © 2017 All Rights Reserved

日本最大級のCMポータルサイト