CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト

KEEP burnING × シェネル burn エナジードリンク・キャンペーンソング 「バーニング・ラヴ」誕生! 新TV-CM 2013年6月19日(水)から全国で放映開始


コカ・コーラシステムは、すべてを忘れるくらい何かに熱中する人たちを応援するクリエイティブエナジー飲料ブランド「burn(バーン)」において、6月17日(月)からすっきり爽やかな味わいの「バーンリフレッシュエナジー」を発売いたします。

burn_A3_yokologo_0523

これに伴い、今もっとも注目を集めている実力派シンガーシェネルさんと☆Taku Takahashiさん(Tachytelic, m-flo)が初めてタッグを組み、「KEEP burnING=燃え続けるためのエネルギー」をテーマに、オリジナル楽曲やそのミュージックビデオ、新TV-CMなどでコラボレーションした新キャンペーンを、同日6月17日(月)から実施いたします。


■KEEP burnING×DJ Taku&シェネル
クリエイティブエナジー飲料ブランド「burn(バーン)」は6 月17 日(月)から、ブランドのメッセージである“KEEP burnING”をテーマにした新キャンペーンを展開します。そのキャンペーンソングとして“KEEP burnING”がストーリーに込められたオリジナル楽曲『バーニング・ラヴ』が制作されました。シェネルさんが歌い、☆Taku Takahashi さんが楽曲のプロデュースを担当しました。

「burn(バーン)」は、これまでも世界規模のDJ コンテスト「burn STUDIOS RESIDENCY」など、さまざまな活動を通して、すべてを忘れるくらい何かに熱中する人たちを応援してきました。そして今回、“KEEP burnING”=“燃え続けるためのエネルギー”をテーマに展開する新たなキャンペーンでは、ラブソング・プリンセスの異名も持つ歌姫のシェネルさんと、m-flo のメンバーでありTOP DJ としてクラブシーンでも絶大なる支持を集める☆Taku Takahashi さんがコラボレーション。シェネルさんが持つ情熱的で力強いヴォーカルと、そのインターナショナルなバックグラウンドがburn のキャンペーンテーマのKEEP burnING のイメージに合致し、キャンペーンソングでの起用が決まりました。楽曲のプロデューサーにはburn が主催する世界規模のDJ コンテストの審査員を務めた☆Taku Takahashi さんを迎え、最高のコラボレーションを経て、最高の楽曲が出来あがりました。

また、6 月17 日(月)から“KEEP burnING”のメッセージを楽曲だけでなく、映像を通してさらに深く伝える『バーニング・ラヴ』のミュージックビデオも公開されます。
さらに、6 月19 日(水)からはオリジナル楽曲『バーニング・ラヴ』がCM ソングに起用された新TV-CM「burnING SINGER」篇が全国で放映開始されます。

失敗しても挑戦する、熱中し続けるなにかを持つことは素晴らしい。「burn(バーン)」は楽曲やTV-CM、ミュージックビデオを通して、心から楽しんで熱中できるモノを探している若者たちに向けて、ブランドのテーマでもある“KEEP burnING”というメッセージを広く伝えてまいります。

burn_CM.000161burn_CM.000105




■オリジナル楽曲『バーニング・ラヴ』
今回制作された楽曲『バーニング・ラヴ』は、キャンペーンテーマである“KEEP burnING”と完全にコラボレーションしたオリジナル楽曲です。☆Taku Takahashi さんがプロデュースしたリズミカルなダンスチューンにのって、シェネルさんが力強くもしっとりと歌いあげる「あきらめないキミが好きKeep it burnING」といった歌詞の世界観はまさに“KEEP burnING”そのもの。失敗を恐れず何度もチャレンジし、熱中し続ける人に向けた応援歌であり、ラブソングでもあります。

<楽曲情報>
シェネル「バーニング・ラヴ」
burn エナジードリンク・キャンペーンソング
プロデュース:☆Taku Takahashi
作詞・作曲:Jeff Miyahara
2013 年6 月19 日(水)デジタル配信リリース

公式サイト
http://emij.jp/chenelle/
(PC・スマホ・携帯共通)

burn_CM.000045

■『バーニング・ラヴ』ミュージックビデオ
オリジナル楽曲『バーニング・ラヴ』と同時に公開されるミュージックビデオでは、“KEEP burnING”の世界観を曲にのせて、映像でも表現しています。歌うシェネルさんの後ろに止まっているのはDJ ブースを備えた特別仕様車「burn エナジーモービル」。そして、そのDJブースでプレイしているのは☆Taku Takahashi さんです。歌詞にあわせ映し出されるのは、スケートボードのトリックやBMX のアクションライドに挑戦し続ける若者たち。失敗し、転び、投げ出され、悔しがり、しかし何度でも立ち上がり、決して諦めない。失敗も、時間のたつのもいとわず熱中し続け、そしてついには成功を手にし、仲間と喜びをわかちあいます。ミュージックビデオの中では、そんな若者たちの熱中を、「burn(バーン)」が支えている様子を描いています。

<ミュージックビデオ情報>
●ユニバーサルミュージックhttp://youtu.be/QOkQGPjHqK0


■新TV-CM「burnING SINGER」篇(15 秒)
6 月19 日(水)からオンエアする新TV-CM「KEEP burnING SINGER」篇(15 秒)では、オリジナル楽曲『バーニング・ラヴ』にのせて、“KEEP burnING”の世界観を体現したストーリーが展開します。スケートボードでトリックに挑戦する若者が、失敗を繰り返しながらも熱中し挑戦し続け、ついには成功します。「burn(バーン)」が、すべてを忘れるほどの熱中をサポートするエナジー飲料であること、そして心から楽しんで熱中できるモノを探している若者たちを応援する存在であることを、印象的に訴求しています。また『バーニング・ラヴ』のミュージックビデオでは、TV-CM のストーリーをさらに掘り下げ“KEEP burnING”の世界観をより感じられる、見応えのあるものとなっています。


■撮影エピソード
撮影が行われたのは春の陽気というには肌寒い5 月13 日。茨城にある工場の跡地で、日が落ちるのを待って行われました。現場にはCM にも登場する「burn エナジーモービル」、そしてさまざまな角度から撮影するためのクレーンカメラも準備されています。

「サビ以外はアクションしなくていい。カラダの中に秘めた熱い思いを表現してほしい」と、監督の説明を真剣に聞くシェネルさん。撮影の準備を着々と進めていくスタッフ。そしていよいよ本番が始まります。衣装の上に羽織っていたダウンコートを脱ぐシェネルさんに向かって「すぐ炎で熱くなるから大丈夫」と言葉をかける監督。その意味はすぐにわかりました。

現場で大音量で流される『バーニング・ラヴ』。それに合わせて歌うシェネルさん。次の瞬間、ボウッという大きな音。シェネルさんの後ろでは背丈の倍はある大きな炎が上がります。曲に合わせて次々と上がる大きな炎。そして炎の中で歌うシェネルさん。まさに神秘的でありながら、強いエネルギーを感じます。

シェネルさん1 人での撮影が終わった後は、「burn エナジーモービル」のDJ ブースでプレイする☆Taku Takahashi さんとの撮影です。久々に会った2 人は「久しぶり!最近どう?」「ありがと。上々よ。そっちはどう?」と挨拶を交わし、撮影に入ります。『バーニング・ラヴ』を歌うシェネルさん、そしてブースでプレイする☆Taku Takahashi さん。息がぴったり合ってとても気持ちよさそうです。

burn_CM.000360

この日、全ての撮影が終わったのは真夜中。しかし、撮影の合間も常に歌を口ずさみ、楽しい話でスタッフを笑わせてくれたシェネルさん。最後も「everybody お疲れさまー!ありがとう!」と、スタッフの疲れも吹き飛ぶようなキュートな笑顔を見せてくれました。


■プロフィール
burn_CM.000137シェネル
ロサンゼルス在住、洋楽・邦楽の境界を越えて、いま最も注目を浴びる実力R&B シンガー。
「ベイビー・アイラブユー」の洋楽カヴァーで大ブレイクした"ラブソング・プリンセス"。
http://www.emimusic.jp/intl/chenelle/



burn_CM.000129☆Taku Takahashi(Tachytelic, m-flo)
DJ、プロデューサー。98 年にm-flo を結成。ソロとしても国内外アーティストのプロデュースやRemix 制作も行う。ネットラジオ“block.fm”を立ち上げ今最も熱いメディアとして注目を集めている。また、LOUD の“DJ50/50”で1 位を獲得するなど、DJ としても益々進化している。2013年3 月にはNEW アルバム「NEVEN」を発表。
http://twitter.com/takudj
http://block.fm/

<シェネルさんからのコメント>
『バーニング・ラヴ』は、情熱的で強い想いやエネルギーを秘めた素晴らしい楽曲です。CMやミュージックビデオも大きな炎がすごい迫力で、とても見ごたえがあると思います。私もこの歌をとても楽しんで歌っているので、みなさんにも是非楽しんで欲しいです。
そして☆Taku Takahashi さんはとても才能がある方で、今回共演できてとても光栄です。

私にとっての「burn」は何かと聞かれたら「情熱」です。それは音楽に対しても、それ以外に対してもそう。全てのものに「情熱」を持って、忘れないようにしています。あなたにとっての「burn」は何ですか?是非『バーニング・ラヴ』を聴いて考えてみてください。


■動画配信型インタラクティブバナー広告
大手ポータルサイト「Yahoo!JAPAN」、「Google」において、6 月17 日(月)[※Google は6月18 日(火)]から1 週間の間、バナー広告にマウスオンすると画面が拡大し、オリジナル楽曲『バーニング・ラヴ』のミュージックビデオが流れる、動画配信型のインタラクティブバナーを展開し、「burn(バーン)」の露出強化を図ります。


■VMAJ2013(ビデオミュージックアワードジャパン2013)
「burn(バーン)」は、6 月22 日(土)に幕張メッセで行われる、MTV 主催の優れたミュージックビデオを表彰する国際的音楽授賞式「VMAJ2013(ビデオミュージックアワードジャパン2013)」に協賛します。

当日は、豪華出演アーティスト達が歩くレッドカーペットに「burn エナジーモービル」を設置し、シェネル×☆Taku Takahashi のライブパフォーマンスでオリジナル楽曲『バーニング・ラヴ』を披露するほか、会場内でサンプリングを実施し、「バーンエナジードリンク」の認知を高めていきます。

※「VMAJ2013(ビデオミュージックアワードジャパン2013)」の詳細につきましては、http://gyao.yahoo.co.jp/vmaj2013/ をご参照ください。


■「バーンエナジードリンク」ゲリラサンプリング
3 月から全国を巡り、「バーンエナジードリンク」を各地でサンプリングしてきた「burn エナジーモービル」が、6 月以降も引き続き全国を巡ります。都市部の路上やイベント会場など若者のいる場所およそ100 カ所にゲリラ的に出没し、「バーンエナジードリンク」の「おいしさ」を広く伝え、ブランド認知を高めていきます。
また、同時に新製品「バーンリフレッシュエナジー」の認知拡大も図ってまいります。


■「バーンリフレッシュエナジー」
「バーンリフレッシュエナジー」は、通常のエナジー飲料に配合されるカフェイン、アルギニンなどに加え、BCAA、リボースといった持続系サポート成分を独自に配合したエナジー飲料です。
キウイ、アップル、ブルーアガヴェ(テキーラの原料)フレーバーの、すっきりとした爽やかな味わいで、テンションを上げたいとき、気合いを入れたいときなどのほか、気分をリフレッシュさせてシャキッとさせたいときなどさまざまな場面でお楽しみいただけます。


タグ: , , , , , , , ,

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト © 2016 All Rights Reserved

日本最大級のCMポータルサイト