CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト

-「ボシュロムバイオトゥルー®ワンデー」WEBムービー- 「さぁ、うるおいにおいで…」 斎藤工さん“うるおう瞳”に急接近!? 『うるおう後輩』篇、『うるおう先輩』篇メイキング映像 2015年7月9日(木)よりボシュロム公式サイトにて公開開始


アイケア製品の総合メーカー米国ボシュロム社の日本法人であるボシュロム・ジャパン株式会社
(東京都品川区、代表取締役社長:トーマス・ジョセフ・アッピオ、以下「ボシュロム・ジャパン」という)は、
1日使い捨てソフトコンタクトレンズ「販売名:バイオトゥルー®ワンデー(承認番号:22500BZX00177000)」
(以下「ボシュロムバイオトゥルー®ワンデー」という)のイメージキャラクターに、
俳優の斎藤工さんを起用した新WEBムービー「うるおう後輩」篇、「うるおう先輩」篇(各15秒)のメイキング映像を、
2015年7月9日(木)からブランドサイト(http://www.biotrue.jp)にて公開いたします。

001_15A_MASTER.mov.01_00_14_29.Still008

 

WEBムービーについて

「ボシュロムバイオトゥルー®ワンデー」は、バイオ・インスピレーション(生体模倣技術)から生まれた、
瞳と同じように働く「ハイパージェル™」を採用した1日使い捨てコンタクトレンズです。
角膜と涙の機能を模倣する独自の技術で、みずみずしい装用感を実現し、うるおいが1日中続きます*。

001_15A_MASTER.mov.01_00_10_26.Still006

新WEBムービー「うるおう後輩」篇、「うるおう先輩」篇では、
夕方以降の瞳の乾きを“あきらめている”コンタクトレンズユーザーに対して、
乾きの原因は実はレンズのせいなのかもしれない、という“気づき”を与え、
「ボシュロムバイオトゥルー®ワンデー」が、夕方以降の瞳の乾きから解放してくれることを訴求していきます。

夕暮れのオフィスを舞台に展開されるストーリーの主人公には、人気俳優の斎藤工さんを起用。
何気ない会話の中で、ふと相手の目の乾きに気付いた斎藤さんが、カメラのレンズを女性に見立てて、
「あれ…乾いていませんか?(乾いてない?)」とふいに顔をグッと近付ける様子を、
それぞれ会社の先輩と後輩の女性目線から描いています。
斎藤さんとのあまりの距離の近さに、思わず動揺する女性のドキドキ感が伝わってくるようなインパクト抜群の映像を通じて、
「うるおいに、おいで。」というメッセージを印象的に表現しました。
斎藤さんの魅力的なアップショット満載の作品にご期待ください。

001_15A_MASTER.mov.01_00_03_12.Still002

001_15A_MASTER.mov.01_00_07_21.Still003

*装用感には個人差があります。

■撮影エピソード

◇カメラのレンズを女性に見立てた超接近撮影

カメラのレンズを女性に見立てて撮影するに当たり、斎藤さんが意識していたのは、
いかにしてカメラマンと自分の呼吸を合わせていくのか。レンズに近付き過ぎず、
離れ過ぎず、顔にピントが合った状態をキープしつつ、
台詞やアクションのタイミングを図るために、何度もテストを繰り返しました。
監督と一緒にプレイバックを確認しては、「目を見て、あれって感じがもう少し強い方がいいですか?」
「目線が少しズレましたね」と微調整し、納得の行かない時には、
「すみません、もう1回お願いします」と斎藤さん自らリテイクを要求。
お芝居に取り組む真摯な姿勢に、現場のモチベーションも大いに高まりました。


◇あまりに近過ぎて、自分の鼻息が顔にはね返ってくる!?

「同性でもグッと来るんだから、これが女性だったらカメラに集中できないかも(笑)」と
話していたのは男性カメラマン。一番近くで斎藤さんの顔を直視していた当事者のコメントに、
周りのスタッフの誰もが納得といった表情で頷いていました。
本番中のクールな佇まいとは一転、休憩中は気さくで親しみやすい人柄で愉快なコメントを連発し、
現場は終始和やかな空気に包まれました。

 


◇同じお芝居を20テイク以上繰り返すも、途切れない集中力!

時には20テイク以上も同じお芝居を繰り返し、「何が正解なのか、自分でも分からなくなってくるので、
すべて監督の女性目線に委ねました」と語っていた斎藤さん。
「もっと相手を気遣うニュアンスがほしい」「驚くタイミングを、あとワンテンポ遅らせて」と、
監督のシビアな要求にも集中力を切らすことなく、カットとカットの僅かな合間、
静かに瞼を閉じて、本番での“目ヂカラ”をじっと蓄えている姿がとても印象的でした。

■斎藤工さんインタビュー

――ボシュロムのイメージキャラクターに選ばれた感想は?

「すごく嬉しいです。元々ドライアイで、目のアップの撮影の時とか、
コンタクトのうるおいが生命線になるんですよね。
だから、今回の商品は、まさに僕自身もうるおう商品だと思います」。

――カメラに向かって話しかける女性目線の作品でしたが、撮影かいかがでしたか?

「実は男性がカメラマンだったりするんですよ(笑)。
自分の顔をあんなにアップで見ることがないので、なんか照れますね。
でも、逆の立場だったら嬉しい気もしますが、大丈夫なのかなって、ちょっと不安です。

――いま斎藤さんが注目している“心うるおう”ベスト3を教えてください。

「まず食べ物で言うと、僕はとても白菜が好きなんですよ。
近所の八百屋さんで一玉買って、それを炒めたりとか、いろんな調理法で使います。
一人暮らしなんですけど、毎日一玉の四分の一ぐらい食べたりして、主食のような感じですね」。

――では、2つ目の“心うるおう”ことは?

「映画が好きなので、映画館が特別な場所ですね。最近は劇場体験の形も変わっていて、
先日3D映画を見に行ったら立ち見しかなくて。
初めて立ち見で観賞する3D映画はかなり見辛かったんですけど、
劇場が人で埋まってるのは映画ファンとしてはとても気分が良くて、この環境が一番贅沢だなと思いましたね」。

――最後に、3つ目の“心うるおう”ことは?

「スピーカーですね。俳優業って結構待ち時間があって、楽屋でDVDを見たりもするんですけど、
周りに迷惑を掛けない程度に、音でも満たしたい時、スピーカーはとても重宝します」。

 

■プロフィール

◇斎藤工(Takumi Saitoh

生年月日:1981年8月22日

出身地:東京都

血液型:A型

WEBムービー概要

タイトル:ボシュロムバイオトゥルー®ワンデー

新WEBムービー「うるおう先輩」篇、「うるおう後輩」篇(各15秒)

出演:斎藤工

公開開始日:2015年7月1日(水)~

※2015年7月9日(木)よりメイキング映像を公開

※2015年7月9日(木)より動画広告として展開予定

公開先:ボシュロムバイオトゥルー® ワンデーブランドサイト(http://www.biotrue.jp)

■制作スタッフ

広告代理店電通ヤング・アンド・ルビカム(株)

制作会社太陽企画(株)

CD藤井智

AD木村謙二

PL宮内康之

PR勝然早紀

AP小早川裕治

プロデューサー江口航治/村松賢治

プロダクションマネージャー加藤美夏/小寺佐知

ディレクター三島わかな

カメラマン中原昌哉

ライトマン上野甲子朗

美術藤松亜矢子


タグ: , , , ,

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト © 2018 All Rights Reserved

日本最大級のCMポータルサイト