CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト

まだ誰も知らない青春がはじまる。「もし、魔女のキキが17才の女子高校生だったら…」あの時見られなかった、「とんぼ」との淡いラブストーリーの結末とは!?


「HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇」を6月19日(月)から全国でオンエアします。
すべての人に青春はある。あらゆるものに青春は宿る。何事にも熱くて、青くて…そんなハングリーな日々を応援するのが「HUNGRY DAYS」シリーズです。

HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇https://youtu.be/LWCUrr6kUTc(30秒)
https://youtu.be/ctjtD3xYV6c(15秒)

6月8日(木)に予告CMを一度だけテレビでオンエアしたところ、公式Twitterアカウントの投稿は瞬く間に約2万リツイート (※19,655RT 6月14日 16時現在) され、多数のネットメディアに取り上げられるなど大きな話題となりました。

19日から始まる本編CMの第一弾は、あの国民的人気作品「魔女の宅急便」をTVCMとしてアニメ化。もしキキが17才の女子高校生になって高校生活を送っていたら?とんぼとの恋の行方は?ジジは?など、あの時見られなかったアナザーストーリーを青春物語として描きます。

HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇
制作スタッフは、「ツルモク独身寮」など数々の人気漫画作品を手がける窪之内英策さんがキャラクターデザインを担当するほか、デビュー以来、第一線で活躍し続けるロックバンド「BUMP OF CHICKEN」がオリジナル楽曲「記念撮影」を提供。さらに、映画「君の膵臓をたべたい」「亜人」の熱演で注目を集める浜辺美波さんがキキ役、TVアニメ「進撃の巨人」で主人公エレンを演じる梶裕貴さんがとんぼ役の声優として出演するなど、豪華布陣が集結して、誰も知らない、全く新しい「魔女の宅急便」をお届けします。

HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇 HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇

■ストーリー
「HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇」

海の見える街で黒猫・ジジと暮らす17才の女子高校生・キキは、高校の同級生とんぼに淡い恋心を抱いていました。とんぼが後輩の女子に告白される場面を偶然、見かけてしまい、心がざわつくキキ。フラッシュバックする、とんぼと過ごした日々。意を決したキキは「お届け物があるの」と、とんぼに告白します。届けたかったのは「大好き!」な気持ちでした。胸がキュンとする青春いっぱいのストーリー、果たしてその行方は……。

■登場キャラクター

HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇キキ
横浜に愛猫のジジと住む、17才。とんぼとは同じ高校に通っている。空を飛ぶ魔法がひとつ使える。赤いリボンがチャームポイント。遅刻しそうな日はこっそり箒で通学。パン屋さんで週3、配達のアルバイト。性格は明るくておてんばだが、恋のことになると臆病になってしまう。とんぼに、淡い恋心を抱いている。

HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇とんぼ
高校ではドローン部の部長を務めている。少年の心のまま大きくなったような青年で、夏に控えるドローン部の発表会と「浜辺で、若者ワイワイ」というお祭りのことで頭がいっぱい。キキの恋心にも、まったく気づいていない。

HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇ジジ
キキの相棒の黒猫ジジ。キキと生まれたときからずっと一緒に過ごしており、この街でもキキといっしょに暮している。

■声優・キャスト

HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇

浜辺美波 (キキ役)
2000年石川県生まれ、東宝芸能所属。第7回「東宝シンデレラ」オーディションニュージェネレーション賞受賞。主な出演作品はドラマ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のめんま役、「咲-Saki-」の宮永咲役など。2017年は映画『君の膵臓をたべたい』、『亜人』が公開予定。

HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇梶 裕貴 (とんぼ役)
主な出演作品には「進撃の巨人」のエレン・イェーガー役をはじめ、「妖怪ウォッチ」のフユニャン役、「アオハライド」の馬渕洸役など。アニメだけでなくゲームや吹き替えなど幅広く活躍する実力派人気声優。

■キャラクターデザイン

HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇窪之内英策
代表作「ツルモク独身寮」「ショコラ」は翻訳出版のみならず、実写化やドラマ化され、
国内外でも広く展開された。現在はイラスト制作を中心に活動中。色鉛筆やマーカーを用いて描き出す、美麗で生き生きとしたキャラクターたちは年齢問わず多くのファンを魅了し、特に若い女性からの絶大な支持を得ている。

■原作者

HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇角野栄子
児童文学者。東京生まれ。1959 年ブラジルに出かけ2年間滞在。1970 年頃より絵本、童話の創作をはじめた。著書多数。『魔女の宅急便』(福音館書店)では野間児童文芸賞、小学館文学賞、IBBYオナーリスト文学作品賞を受賞。アニメーション映画化、舞台化、実写映画化され、本年のミュージカルも話題を呼んでいる。その他の受賞歴として、1984 年には路傍の石文学賞、2011年巖谷小波文芸賞、2013年東燃ゼネラル児童文化賞がある。2000年紫綬褒章、2014年旭日小綬賞を授けられる。

■音楽

HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇

BUMP OF CHICKEN
藤原基央、増川弘明、直井由文、升秀夫の幼馴染4人によるバンド。2000年メジャーデビュー。2001年発売「天体観測」は累計95万枚を超える大ヒット。2016年2月、バンド結成20周年を迎え、総動員数約30万人のスタジアムツアーを実施した。今年9月からは全国アリーナツアーを開催。今なおリスナー層を拡大し続け、若者を中心に男女問わず幅広い年齢層に支持される稀有なバンド。

CMソングタイトル:「記念撮影」
発売情報:未定

■アーティストインタビュー(BUMP OF CHICKEN)

Q1 名作「魔女の宅急便」をモチーフにしたCMでの楽曲提供となりますが、どんな感想をお持ちですか?
小さい頃から良く知っている作品なので、非常に嬉しく思いました。
またキャラクターデザインは窪之内先生ということで、どのようなデザインになるのかとてもわくわくしました。
Q2 完成したテレビCMをご覧になって感想は?
すごく素敵なアニメーションでした。続きのストーリーまで気になってしまいました。

■スタッフ

原作:「魔女の宅急便」角野栄子
広告会社:株式会社電通
制作会社:ギークピクチュアズ
アニメーション制作会社:タツノコプロ
ECD:木下一郎/斎藤和典
クリエーティブディレクター・企画・コピー:佐藤雄介
アートディレクター・企画:瀬尾大
コピーライター:佐藤舞葉
CP:福島隆雄
AE:川上宗一/蕪木真哉/傍島篤夫/増崎知世
キャラクターデザイン:窪之内英策
監督:柳沢翔
原画・作画監督:高橋 裕一
演出:曽我 準
美術監督:竹田悠介
色彩設計:永井留美子
撮影監督:山田和弘
撮影監督補佐:田中直子
3DCG:鈴木知美
動画検査:金子由紀江
プロデューサー:大松裕
制作:松永まり恵
制作協力:モギシンゴ
キャスティング:ハンディ/電通ミュージック・アンド・エンタテインメント
音楽制作会社:トイズファクトリー
ナレーション:浜辺美波(キキ役)/梶裕貴(とんぼ役)
〈TVCM制作〉
プロデューサー:早坂匡裕
プロダクションマネージャー:森下大
VFX Artist:佐々木賢一
ミキサー:綾城重理人
音響効果:中村佳央
〈グラフィック制作〉
グラフィックデザイナー:吉田順一


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト © 2017 All Rights Reserved

日本最大級のCMポータルサイト