CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト

「Song&BOSS」第5弾の名曲は『今日までそして明日から』宇宙人ジョーンズ&永瀬正敏さんが住宅街に出没したサル捕獲作戦に緊急出動!!ジョーンズの活躍を見た窪田正孝さんがかけた言葉とは!?


「ボス レインボーマウンテンブレンド」
トミー・リー・ジョーンズ扮する宇宙人ジョーンズの地球調査シリーズ 第55弾
新TV-CM「おまわりさん」篇
9月20日(火)から全国オンエア開始

サントリー食品インターナショナル(株)は、ハリウッド俳優トミー・リー・ジョーンズ扮する宇宙人ジョーンズでご好評をいただいている「ボス レインボーマウンテンブレンド」のTV-CM「地球調査シリーズ」に、俳優の永瀬正敏さん、窪田正孝さんを迎え、新TV-CM「おまわりさん」篇(30 秒・60秒)を9 月20 日(火)から全国でオンエアします。
「おまわりさん」篇サントリー ボス レインボーマウンテンブレンド 新TV-CM「おまわりさん」篇より

■TV-CMについて
とある惑星からやってきた宇宙人ジョーンズが、大物ハリウッド俳優トミー・リー・ジョーンズそっくりの地球人になりすまし、さまざまな職業を転々としながら、未知なる惑星・地球を調査する「宇宙人ジョーンズの地球調査シリーズ」。2015 年秋から「Song&BOSS」をテーマに、名曲と呼ばれる歌と同様、「ボス」も世代や時間を超えて愛される存在になってほしいという思いを込めたCMを放映し、大変多くの皆様からご好評をいただいています。今回、宇宙人ジョーンズが調査したのは、この惑星の街の平和を守っている、おまわりさんという存在です。

地域住民宅の訪問や小学校前での交通整理、階段でスケボーをする若者への注意など、身近な安全を守るジョーンズ。そんなおまわりさんに対して、最初は「こんなこと(ながらスマホ)より、もっと悪いことしてるやつ、いっぱいいるだろ!」と反抗的だった一人の若者(窪田正孝さん)が、ジョーンズとその同僚(永瀬正敏さん)が解決した、とある小さな事件(?)をきっかけに改心する姿を目の当たりにして、「この惑星の大きい平和は、小さい平和の積み重ねだ。」とレポートします。また、楽曲には、吉田拓郎さんの名曲『今日までそして明日から』を使用し、CM の世界観を印象的に訴求していきます。


「おまわりさん」篇「おまわりさん」篇「おまわりさん」篇「おまわりさん」篇

■CM ストーリー
「おまわりさん」篇(30 秒)自転車で住宅街をパトロールするおまわりさんのジョーンズ。「この惑星の、街の平和は、おまわりさん、という存在が守っている。」というナレーションをバックに、地域住民宅を訪問したり、小学校の前で交通整理をしたり、階段でスケボーをしている若者を注意したりなど、おまわりさんとして働くジョーンズの日常が描かれます。

ある日、外国人に道案内している時、スマートフォンを見ながら自転車に乗る若者(窪田正孝さん)を発見。すぐに笛を吹いて「イハンデスヨ!」と注意すると、窪田さんは反発して「こんなことより、もっと悪いことしてるやつ、いっぱいいるだろ!」と、ジョーンズに歯向かいます。

また別の日、何か大事件が起きたのか、「あっちだ!」と促す同僚警官(永瀬正敏さん)と現場へ急行するジョーンズ。到着した場所にいたのは、なんとニホンザルです。網を持って近付こうとする永瀬さんの横で、サルを見ていたジョーンズの目が怪しく発光。すると、塀の上にいたサルがジャンプしてジョーンズの顔にしがみつきます。すぐさま素手でサルを捕獲するジョーンズ。見事な捕獲劇に、永瀬さんも「捕まえたよ。」とビックリしています。サルの飼い主から「ありがとうございました。」と感謝されたジョーンズと永瀬さんは、顔なじみのおばあちゃんから「いつもありがとう。」と日頃のお礼を言われ、小学生は「おまわりさーん!」と歓声を上げています。そんな二人の雄姿を、野次馬の後方から見つめる窪田さん。帰り道、永瀬さんが「小さいよなぁ、俺たちがやってることって。」としみじみ語ります。3その日の深夜、交番で仕事中のジョーンズを、ふらりと訪ねた窪田さん。「おまわりさんって大変っすね。」と声を掛けて、すぐにその場を立ち去ります。以前の反抗的な態度が鳴りを潜め、顔つきも変わった若者を見送った後、「この惑星の大きい平和は、小さい平和の積み重ねだ。」とレポートするジョーンズ。最後は交番の前で、「ボス レインボーマウンテンブレンド」を飲みます。


 

■撮影エピソード

◇チャーミングかつエネルギッシュな芝居で現場を魅了
CMの冒頭、ジョーンズさん演じるおまわりさんが自転車で街をパトロールするシーン。撮影の準備が整うのを待っている間、ジョーンズさんは久々に乗る自転車にテンションが上がったのか、チリンチリンとベルを鳴らしてみたり、ペダルを逆回転してみせたりなど、童心に帰ったように振る舞うほほ笑ましい光景が見られました。本番では、監督から「スピードアップして!」という指示が飛ぶと、すかさずサドルからお尻を上げて、力強い立ち漕ぎを披露する場面も。また、日本の映画界を代表する演技派のベテラン、若手俳優との共演シーンでは、ハリウッドスターらしい貫禄の存在感で渡り合っていたジョーンズさん。今年70 歳を迎えるとは思えないエネルギッシュな芝居で、現場を大いに盛り上げていました。

◇より良い芝居を追求する永瀬さんの飽くなき向上心
ジョーンズさんとの共演シーンにあたり、「Nice to meet you.」とにこやかな表情で握手を交わした永瀬さん。現場で監督が求める芝居を理解した上で、カメラ前にスタンバイすると、カメラの位置や、並走する照明クルー、音声さんの動きをしっかりとリハーサルで確認し、本番に臨みました。ワンテイクごとにプレイバックで表情や動きをチェックし、監督と話し合いながら修正すべき点を把握すると、次のテイクまでのわずかな時間も芝居の練習に充て、演技の精度を高める作業に集中。クールな佇まいに秘めた熱い役者魂を垣間見ることができました。また、休憩中は一転してリラックスした表情をのぞかせ、周りのスタッフとも気さくに談笑。制作チームの中には以前、永瀬さんの監督作品に携わった編集スタッフがいて、懐かしい思い出話に花を咲かせる一幕もありました。

◇監督も舌を巻いた若手演技派・窪田さんの豊かな表現力
「スクリーンの向こう側にいる方だと思っていた。」という憧れのジョーンズさんと対面した際、興奮を隠せないといった様子で、「よろしくお願いします!」と挨拶を交わした窪田さん。「Ready andAction.」「Cut it.」などと、英語の掛け声や指示が飛び交う普段と異なる撮影スタイルにも、戸惑うどころか、「ハリウッドで撮影しているみたい!」と生き生きと演じていました。「もう少しせりふを早めに。」「冷めた怒りの表情。」「じわじわイラついてくる感じがほしい。」と、バリエーションを求める監督の矢継ぎ早の指示も、窪田さんは即座に演技に反映し、OK テイクを連発。次はどんな指示が来るのかと、ご本人は「実は心臓バクバクでした。」とのことですが、表現力の引き出しの多彩さに、監督は「こっちの言うことを何でもできる。本当に凄い。」と、すっかり感心していました。


■出演者プロフィール
◇トミー・リー・ジョーンズ <TOMMY LEE JONES>
1946 年9 月15 日生まれ、米国・テキサス州出身
◇永瀬 正敏(ながせ まさとし)
1966 年7 月15 日生まれ、宮崎県出身

■CM 概要
タイトル : サントリー ボス レインボーマウンテンブレンド
新TV-CM 「おまわりさん」篇(30 秒・60 秒)
CM 音楽 :『今日までそして明日から』 吉田拓郎
放映開始日 : 2016 年9 月20 日(火)
放送地域 : 全国


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト © 2017 All Rights Reserved

日本最大級のCMポータルサイト