CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト

『倉林 敏のヒットCMの予感』 – 気になったCM Vol.5 (1)マルハニチロ食品 企業CM 宇宙食篇


『倉林 敏のヒットCMの予感』は、倉林 敏による独自の評価軸により、気になったCMを新たな視点でするどく捉えます。 今回(1)マルハニチロ食品 企業CM 宇宙食篇(2)ボス電 第8話「別れ篇」(3) up!「久保田利伸×up!」篇を見ていきます。

 (1)マルハニチロ食品 企業CM 宇宙食篇



http://www.food.maruha-nichiro.co.jp/

このCMは、どこまでがジョークでどこまでが本当かが判らない面白さがあり、初めはジョークとして面白いCMだなと思って見るが、それが本当のことだと判ると、すごさがひしひしと伝わってくるという、なかなか見ごたえのあるCMである。

CMは、宇宙から帰還した宇宙飛行士たちの記者会見の様子。

宇宙での最も印象に残ったことを聞かれた宇宙飛行士たちが、順に一言づつ「サンマ」、「サンマ」、日本人宇宙飛行士が「蒲焼です」、そこに宇宙船で食べているシーン、そのうち宇宙飛行士たちは、「サンマ」「さば」「いわし」など興奮して自分の気に入ったもの口々に叫び始める。するとカメラがズームアップし、これがテレビ中継であることが分かり、その前で食事をしている若い男がいる。

そして自分の食べているさば味噌煮の缶詰を手に取るとMARUHA-NICHIROのロゴ、まさにテレビで出てきた同じ缶詰を自分が食べている・・・そこにナレーション「家庭用食品から宇宙食まで、マルハニチロ食品は食の感動をどこまでも広げて行きます。」と入り、マルハニチロの食品群の宇宙を背景としたディスプレィで終わり、ここで初めて、さっきの宇宙飛行士の会見は本当にマルハの缶詰がスペースシップに持ち込まれていたことが判る。そしてMARUHA-NICHIROってすごいと改めて思わせる、素直なテクニシャンという感じの仕上がり。

この他、最近のMARUHA-NICHIROのCMは面白い。「月花でできたサバ君」。「横浜あんかけラーメン」篇、「あおりいための焼豚炒飯」篇など、CMの原点的な作りながら、訴える力の強いものが多い。これからもぜひ期待したい。

 

倉林 敏
ITコンサルタント、ビジネスコンサルタント、マルチメディア施設プロデューサー、 WEBサイト開発コーディネーター等々様々な活動に関わる。著書に『ビジネスモデル特許で憶万長者になる法』、『超訳IT用語事典』、『IT革命がわかる30冊』、『英語サイトなんか怖くない』、『ケータイ・マー ケティング革命』その他講演・座談会等多数。
http://www.kurabayashibin.com/

 


タグ: , , , ,

この記事へのコメントをどうぞ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト © 2016 All Rights Reserved

日本最大級のCMポータルサイト