CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト

『倉林 敏のヒットCMの予感』 – 業界動向 Vol.4 (3)明治アーモンド&マカダミア「あーもんどしよー」篇


『倉林 敏のヒットCMの予感』今回は 業界篇、チョコレートに注目。(1)ネスレ日本 キットカット「大人の甘さ」篇 (2)江崎グリコ ビッテ TV-CM 「包まれる篇」 (3)明治アーモンド&マカダミア「あーもんどしよー」篇(4)ロッテ ガーナ 3人でほっぺ篇

業界動向 Vol.4
チョコレート篇
秋はチョコレートのシーズンだそうです。夏はチョコレートが溶けてしまうため、チョコレートのキャンペーンは秋になったとか?今回は大人のチョコレートを4社の事例でみていきます。 

(3)明治アーモンド&マカダミア「あーもんどしよー」篇

http://www.meiji.co.jp/sweets/chocolate/almond/

アーモンドチョコレートを知らない人はまずいないだろう。そして少なくとも1回くらいはほとんどの人が食べているはずだ。

広告をクリエイティブする時にまずクリエーターがすることは、商品特徴を明確にすることだ。その際探すのはコンペティティエッジ(競合的優位性)というものだが、アーモンドチョコレートのように誰でもが知っている商品は、もうそんな必要もない。

そこで、CMがやらなければならないことは、多くのチョコレートの中からアーモンドチョコレートを思い出させ選ばせることだ。
つまりどのように言えば「アーモンドチョコ」が印象に残るか、ここが勝負となる。

CMは女優新垣結衣がバスに乗っているが、うとうとしてバスを降りそこなってしまいつぶやく。『あー、もーん、どうしよう』と無理やりのダジャレ。そこにこれもおなじみの「チョコレート、チョコレート、チョコレートは明治」の替え歌。「アーモンド、アーモンド、アーモンドは明治」の唄が流れる。とにかく「アーモンド」という言葉をとことん目立たせようという、いじらいいまでの、しかしCMの原点のようなCM。

これくらいしかやり方なかったのだろうか?

 

倉林 敏
ITコンサルタント、ビジネスコンサルタント、マルチメディア施設プロデューサー、 WEBサイト開発コーディネーター等々様々な活動に関わる。著書に『ビジネスモデル特許で憶万長者になる法』、『超訳IT用語事典』、『IT革命がわかる30冊』、『英語サイトなんか怖くない』、『ケータイ・マー ケティング革命』その他講演・座談会等多数。
http://www.kurabayashibin.com/

 


タグ: , , , , , , , , ,

この記事へのコメントをどうぞ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

CMジャパン 日本最大級のCM情報ポータルサイト © 2016 All Rights Reserved

日本最大級のCMポータルサイト